藤原朝隆

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
 
藤原朝隆
時代 平安時代後期
生誕 承徳元年(1097年
死没 平治元年10月3日1159年11月14日
別名 冷泉中納言
官位 正三位権中納言
主君 鳥羽天皇崇徳天皇近衛天皇後白河天皇二条天皇
氏族 藤原北家勧修寺流
父母 父:藤原為房、母:法橋隆尊娘
兄弟 為隆顕隆重隆長隆泰隆寛信朝隆親隆国隆、寛運、源恵、寛誉、良恵、覚隆、性修、藤原経実室、
源師隆室、藤原忠教
藤原顕隆
朝方朝親雅方、証朝、覚朝、
藤原光頼室、藤原光房
テンプレートを表示

藤原 朝隆(ふじわら の ともたか)は、平安時代後期の公卿藤原北家勧修寺流参議藤原為房の六男。官位正三位権中納言冷泉中納言と号す。

経歴[編集]

白河院政期中期の天永元年(1110年文章生に補せられると、修理亮六位蔵人左近将監を経て、永久4年(1116年)に従五位下叙爵する。白川院政期末にかけて、弾正少弼刑部大輔等を歴任した。

鳥羽院政期に入ると、長承2年(1133年左衛門権佐検非違使佐)に任ぜられると、保延2年(1136年五位蔵人、保延3年(1137年)右少弁と次々に要職に任ぜられ、三事兼帯の栄誉に浴した。また、鳥羽天皇皇后・藤原泰子皇后宮大進も務めている。

その後、20年近くに亘って弁官を務め、久安元年(1145年正四位下、久安6年(1150年蔵人頭兼右大弁に叙任されるなど昇進を重ねた。鳥羽院政期末の仁平3年(1153年参議に任ぜられ公卿に列す。議政官として引き続き右大弁を兼帯したが、保元元年(1156年従三位権中納言に叙任されて、弁官を去っている。保元2年(1157年)に正三位に至る。

保元3年(1158年致仕し、翌平治元年(1159年)10月3日薨去享年63。最終官位は前権中納言正三位。

官歴[編集]

公卿補任』による。

系譜[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『蔵人補任』
  2. ^ 『弁官補任』

参考文献[編集]

  • 『公卿補任 第一篇』吉川弘文館、1982年
  • 『尊卑分脈 第二篇』吉川弘文館、1987年