甘露寺清長

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
 
甘露寺清長
時代 室町時代前期
生誕 康暦3年/天授7年(1381年
死没 応永21年8月29日1414年10月12日
官位 従三位権中納言
主君 後小松天皇称光天皇
氏族 甘露寺家
父母 父:甘露寺兼長、母:日野時光
兄弟 清長房長、兼覚、万里小路豊房、経子
忠長
テンプレートを表示

甘露寺 清長(かんろじ きよなが)は、室町時代前期の公卿権大納言甘露寺兼長の子。官位従三位権中納言

経歴[編集]

右兵衛権佐を経て、応永6年(1399年)3月27日、五位蔵人に任じられる。正五位下に加階の後、応永8年(1401年)に右少弁。応永13年(1406年)4月23日に蔵人を辞して、同年8月17日に左少弁に転じる。翌14年、右中弁。

応永18年(1411年11月25日後小松天皇蔵人頭に任ぜられると共に右大弁に昇進し、正四位上に加階された。引き続き称光天皇の蔵人頭を経て、応永20年(1413年2月1日に左大弁兼参議となり、5月1日に従三位に叙される。5月20日甘露寺家では初となる伝奏に任ぜられるが、6月24日(7月21日)には出仕停止を命じられ、伝奏を解任される。翌応永21年(1414年)3月16日に近江権守を兼任するも、8月29日に34歳で薨去、死の前日に権中納言に任ぜられた。

子・忠長はまだ幼く、弟・房長が家督を継いだが、この事が後に紛争を招くことになった。

参考文献[編集]