藤谷家

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
藤谷家
家紋
酢漿草かたばみ
本姓 藤原北家御子左流支流
家祖 藤谷為賢
種別 公家羽林家
華族子爵
出身地 山城国
主な根拠地 山城国
東京府
支流、分家 入江家(公家)
凡例 / Category:日本の氏族

藤谷家(ふじたにけ、ふじがやつけ[1])は、羽林家の家格を持つ藤原北家御子左流公家冷泉家(上冷泉家)の支流で、権大納言冷泉為満の次男・為賢を祖とする。家名は冷泉家家祖の冷泉為相が長く居を定めた鎌倉の藤ヶ谷(現鎌倉市扇ガ谷浄光明寺付近)に由来する。

江戸時代石高は200石。家学は歌道[2]明治維新後は、為寛華族令施行により子爵に叙せられ、貴族院で有爵者議員に互選された。その後裔は戦後も続いたが、長崎大学教授を務めた最後の当主である藤谷為博の死去によって宗家は断絶したため、他家の養子となっていたその弟が同家の遺物を相続し、後にこれを冷泉家時雨亭文庫へ寄贈した[3]

系譜[編集]

実線は実子、点線(縦)は養子。
冷泉為満
 
 
 
藤谷為賢1
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
為条2冷泉為清山科言行
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
為茂3
(為教)
入江相尚
入江家
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
為信4竹内惟永入江相茂入江家誠
 
 
 
為香5
 
 
 
為時6
 
 
 
為敦7
 
 
 
為脩8
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
為知9竹内惟和
 
 
 
為兄10
 
 
 
為遂11[4]
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
為寛12功彦
 
 
 
為隆13
 
 
 
為博14

幕末の領地[編集]

国立歴史民俗博物館の『旧高旧領取調帳データベース』より算出した幕末期の藤谷家領は以下の通り。(4村・200石)

  • 山城国乙訓郡大藪村のうち - 15石余
  • 山城国乙訓郡白井村のうち - 100石
  • 山城国乙訓郡上植野村のうち - 54石余
  • 山城国乙訓郡出灰村 - 29石余

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 系図纂要』索引による。
  2. ^ 公卿類別譜(公家の歴史)藤谷
  3. ^ 松沢克行「「藤谷家歴代当主等肖像画」について」『東京大学史料編纂所研究紀要』第16号(2006年)所収
  4. ^ 柳原隆光の4男。

参考文献[編集]

外部リンク[編集]