七条家

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
七条家
No image available.svg
きく
本姓 藤原北家水無瀬流[1]
家祖 七条隆脩[1]
種別 公家羽林家[1]
華族子爵[1]
出身地 山城国
主な根拠地 山城国
東京府
凡例 / Category:日本の氏族

七条家(七條家、しちじょうけ)は、藤原北家水無瀬流公家である[1]権中納言水無瀬氏成の子・隆脩を祖とする[1]家格羽林家[1]江戸時代石高は200石[1]明治維新後は、華族令制定時に戸主が信元の女で信祖室の寿賀子であったため、明治20年(1887年)4月15日に信義子爵に叙せられた[2][1]。次の光明は、烏丸家から入り、陸軍砲兵少尉、貴族院議員を務めた。


系譜[編集]

幕末の領地[編集]

国立歴史民俗博物館の『旧高旧領取調帳データベース』より算出した幕末期の七条家領は以下の通り。(4村・200石)

  • 山城国葛野郡唐橋村のうち - 50石
  • 山城国乙訓郡築山村のうち - 50石
  • 山城国乙訓郡馬場村のうち - 94石9斗5升5合
  • 山城国紀伊郡東福寺村のうち - 5石4升5合

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g h i 太田 1934, p. 2762.
  2. ^ 新人物往来社 1997, p. 267.

参考文献[編集]

  • オープンアクセス太田亮国立国会図書館デジタルコレクション 「七條 シチデウ」 『姓氏家系大辞典』第2巻、上田萬年三上参次監修 姓氏家系大辞典刊行会、1934年、2762-2763頁。 NCID BN05000207OCLC 673726070全国書誌番号:47004572http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1130938/476 国立国会図書館デジタルコレクション 
  • 霞会館華族家系大成編輯委員会編 『平成新修旧華族家系大成』上巻 霞会館、1996年。ISBN 4642036709NCID BN15217497 
  • 近藤敏喬編 『宮廷公家系図集覧』 東京堂出版、1994年9月。ISBN 4490202431NCID BN11412898 
  • 新人物往来社『日本「名家・名門」総覧』新人物往来社〈別冊歴史読本, 98 事典シリーズ; 31〉、1997年4月。ISBN 4404024789NCID BA34778558
  • 橋本政宣編 『公家事典』 吉川弘文館、2010年3月。ISBN 9784642014427NCID BB0155258X 

外部リンク[編集]