室町家

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
室町家(四辻家)
家紋
唐花
本姓 藤原北家閑院流西園寺庶流
家祖 室町実藤
種別 公家羽林家
華族伯爵
出身地 山城国
主な根拠地 山城国
東京府
東京都
著名な人物 四辻季遠
四辻与津子
支流、分家 西四辻家羽林家
藪家羽林家
北河原家奈良華族
凡例 / Category:日本の氏族

室町家(むろまちけ)は、羽林家の家格を有する公家。別名、四辻家、花亭家。

藤原北家閑院流西園寺家の一門。家業は和琴江戸時代の家禄は200石。伯爵西園寺家洞院家清水谷家とともに西園寺流四家のひとつ。



立家から江戸時代までの動向[編集]

鎌倉時代西園寺公経の四男、実藤によって創立された。四辻とも号する。また今出川家の邸宅が菊亭と呼ばれたことと同様に、室町家の邸宅は花亭と呼ばれた。

室町季顕以降、「室町殿」を名乗った足利将軍家を憚り四辻を称したが、明治期に家名を室町に戻した。なお足利将軍家には室町家本邸であった「花亭」も譲っている。

江戸時代初頭、四辻公遠の娘・与津子後水尾天皇典侍となり、天皇の寵愛を受けて皇子(夭折)と皇女(後の文智女王)を儲けたが、これが徳川和子の入内直前の出来事であったため、江戸幕府の怒りを買い、一時宮中から追放される羽目にあった。また、これに先立って与津子の姉(死後「桂岩院」と称される)は上杉景勝側室として仕え、嗣子定勝を出産したが、百日余り後に死去した。

幕末、明治から現在までの動向[編集]

幕末明治維新期の公賀は、国事に奔走し維新後は、越後府知事、三等陸軍少将、宮内権大丞、雅楽助を務めた。公康が家名を四辻から室町に改める。明治17年公康に対して、伯爵位を授けられた。公大(きんもと)は、貴族院議員を務めた。公藤(きんふじ)は昭和34年掌典長に就任し、宮中祭祀に尽力した。

系譜[編集]

実線は実子、点線(縦)は養子。

西園寺公経
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
実氏 室町実藤1
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
公行 公重2 実為3
 
 
 
 
 
実員 公春4
 
 
 
実郷5
 
 
 
四辻季顕6
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
実茂7 季保
 
 
 
 
 
季俊8 季春
 
 
 
 
 
実仲9 季経
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
公音10 公音 鷲尾隆康 高倉範久 忠順
 
 
 
季遠11
 
 
 
公遠12
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
季満13
(鷲尾隆尚)
小倉季藤 季継 高倉範遠 高倉嗣良 桂岩院 明鏡院 猪熊季光
 
 
 
 
 
季継14 山浦光則
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
公理15 本誓寺寅継
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
季賢16 季輔 竹内季有 季忠
 
 
 
季輔17
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
公韶18 芝山広豊
 
 
 
公尚19[1]
 
 
 
秀藤20[2]
 
 
 
実長21[3]
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
公亨22 裏松公英
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
実慎 公万23 西四辻公碩
西四辻家
公説
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
公説24 藪公通 西四辻公尹
 
 
 
公績25[4]
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
公健26 公賀 北河原公憲 室町公康
 
 
 
公賀27
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
室町公康28 東儀民四郎
 
 
 
公大29
 
 
 
公藤30
  1. ^ 持明院基輔の子。
  2. ^ 白川雅光の子。
  3. ^ 高野保春の2男。
  4. ^ 徳大寺実堅の子。

その他の室町家[編集]

関白藤原師通の子・家政の系統が政範雅長と続いたが、雅長の子・家信が「室町」を家名とした。 6代目の雅秋が「木幡」と改称したが、その曾孫の雅遠の代である室町時代末期に断絶した。

この他に近衛基通の子兼基が鷹司または室町を家名にしたとされているが、4代で断絶している。

関連項目[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]