芝山広豊

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
 
芝山広豊
時代 江戸時代前期 - 中期
生誕 延宝2年2月23日1674年3月30日
死没 享保8年2月13日1723年3月19日
官位 従三位参議右衛門督
氏族 四辻家芝山家
父母 父:四辻季輔、母:久我広通の娘
養父:芝山定豊
兄弟 四辻公韶広豊
養子:重豊
経業石井行忠
テンプレートを表示

芝山 広豊(しばやま ひろとよ)は、江戸時代前期から中期にかけての公卿。官位は従三位参議右衛門督藤原北家高藤勧修寺家庶流である芝山家3代当主。

経歴[編集]

延宝2年(1674年)、左中将四辻季輔の次男として誕生。母は右大臣久我広通の娘。

権中納言芝山定豊の養子となる。和歌書画を能くした。

享保8年(1723年)、薨去。

系譜[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 権中納言
先代:
芝山定豊
芝山家
3代当主
次代:
芝山重豊