四辻宮

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
四辻宮家
家紋
家祖 四辻宮善統親王
順徳天皇の第 6皇子
種別 皇族宮家
出身地 佐渡国
主な根拠地 山城国
凡例 / Category:日本の氏族

四辻宮(よつつじのみや)は鎌倉時代に存在した宮家の一つ。史料により3代目までは確認できるが、以後の子孫は不明で、事実上断絶した宮家として扱われている。

世襲親王家である宮家の端緒とされる[1]

略歴[編集]

初代・善統親王[編集]

善統親王順徳天皇佐渡島流刑になった後の天福元年(1233年)に生まれた皇子である。

彼は時期ははっきりしないが上洛して祖母・修明門院のもとで成長し、親王宣下を受け、建長3年(1233年)に祖母から七条院領を相続した[2]。その後、祖母の住まいであった一条万里小路にあった御所・四辻殿を相続したらしく、以後四辻宮と呼ばれるようになった[2]弘安3年(1280年)・正応2年(1289年)5月の2回に渡り七条院領を後宇多天皇に進献したが、正和3年(1314年)7月に後醍醐天皇から一部(17カ所)を還付される。正応4年(1291年)5月に善統親王は出家し、以後は四辻入道親王と称される[2]

文保元年(1317年)3月、85歳で薨去した[2]

二代・尊雅王[編集]

尊雅王は『通玄寺志』によると父に引き続き四辻宮を名乗っていたことが分かるが、生没年など詳細は不明である。

三代・善成王[編集]

善成王は延文元年(1356年)に臣籍降下し源善成(四辻善成)を名乗るが、以後も四辻宮をなのっていたという(『後愚昧記』)。臣籍降下後も親王宣下されることを望んでいたがかなわず、応永2年(1395年出家した。

善成王(四辻善成)の唯一の男子とされる松蔭常宗は早くに出家して応永14年(1407年)に没しており、以後は子孫、邸宅・所領の相続など不明であり、四辻宮を名乗る人物も未詳である。

脚注[編集]

  1. ^ 宮内庁『皇室制度史料四』による
  2. ^ a b c d デジタル版 日本人名大辞典+Plus - コトバンク

参考文献[編集]

関連項目[編集]