舟橋家

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
舟橋家
No image available.svg
引両(一つ引き)
本姓 清原氏嫡流
家祖 舟橋秀賢
種別 公家半家
華族子爵
出身地 山城国
主な根拠地 山城国
著名な人物 舟橋在賢
舟橋康賢
支流、分家 伏原家半家
澤家(半家)
河越家地下家
平野氏?(武家
凡例 / Category:日本の氏族

舟橋家(ふなばしけ)は第40代天武天皇の皇子舎人親王の子孫で清原氏の流れを汲む堂上家船橋家とも記す。 家格は半家極官正二位侍従少納言式部少輔で、代々天皇侍読家庭教師)を務める。家業は明経道

概説[編集]

清原家(舟橋家)は明経道を以って代々宮中に仕え、押小路家とともに明経博士大外記を世襲した。室町時代の清原業忠正三位大蔵卿・少納言)(1409年 - 1467年)は清原氏初の公卿になり、その養子となった吉田兼倶の子清原宣賢(正三位・侍従・少納言)(1457年 - 1550年)は明経道を研究整理してとり纏めた。

清原宣賢の娘は室町将軍家足利義晴に仕えており、細川氏細川幽斎の実母である。また宣賢の孫清原枝賢(しげかた)(正三位・宮内卿・侍従・少納言)(1520年 - 1590年)の娘いと(洗礼名:マリア)は、幽斎の息子の嫁で明智光秀の娘の細川ガラシャに仕え、ガラシャにキリスト教を布教した。 安土桃山時代の武将で、豊臣秀吉の家臣であり、賤ヶ岳の七本槍の一人平野長泰は舟橋家の庶流の出(宣賢の曾孫)とする説がある。

舟橋を家名とするのは清原国賢(きよはらくにかた。従三位・大蔵卿・侍従・少納言)(1544年 - 1615年)の子で後陽成天皇後水尾天皇侍読を務めた舟橋秀賢(ふなばし ひでかた。従四位上式部少輔明経博士)の代以降である。舟橋家からは伏原家が分かれ出る。

ちなみに幕末の舟橋在賢(あきかた)・康賢(みちかた)父子は廷臣八十八卿列参事件に加わった。

江戸時代の家禄は400石。明治時代以降は華族となり遂賢子爵を賜った。

系譜[編集]

実線は実子、点線(縦)は養子。
清原国賢
 
 
 
舟橋秀賢
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
秀相 伏原賢忠
伏原家
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
相賢 経賢
(忠広)
弘賢
(相起)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
経賢 弘賢
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
惟賢 尚賢[1]
 
 
 
親賢
 
 
 
本賢[2]
 
 
 
則賢
 
 
 
師賢
 
 
 
在賢
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
起賢 康賢
 
 
 
遂賢
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
清賢 重松賢恭 栗町賢礼

脚注[編集]

  1. ^ 吉田兼敬の2男。
  2. ^ 高倉永房の末子。

参考文献[編集]

関連項目[編集]

清原氏系図