木下順庵

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
木下順庵/『錦里文集』より
木下順庵邸址、京都市錦小路通烏丸西入南側

木下 順庵(きのした じゅんあん、元和7年6月4日1621年7月22日) - 元禄11年12月23日1699年1月23日))は、江戸時代前期の儒学者。名は貞幹、字は直夫、通称は平之允、号は順庵・錦里・敏慎斎・薔薇洞。私諡を恭靖と言う。

生涯[編集]

元和7年(1621年)、誕生。 木下意春の次男で、五人兄弟。京都錦小路の出身。

幼少より神童と称され、僧天海に鬼才を見込まれて法嗣を望まれるが、藤原惺窩の弟子松永尺五に師事することを選び、儒学の勉学に勤しんだ。柳生宗矩に従って一時江戸に出たこともあるが、帰洛後、加賀国金沢藩前田利常に仕えた。

天和2年(1682年)、江戸幕府の儒官となり、5代将軍徳川綱吉の侍講をつとめた。その間、『武徳大成記』をはじめとした幕府の編纂事業にたずさわり、林鳳岡や林門の儒家たちとも交流している。朱子学に基本を置くが、古学にも傾倒した。

教育者としても知られ、木門十哲と呼ばれる優れた人材を輩出した。元禄6年(1693年)に徳川綱豊(後の徳川家宣)の使者高力忠弘が、甲府徳川家のお抱え儒学者を探しに来た際、順庵は門人の新井白石を推薦した。

元禄11年(1698年)、江戸で死去。

著書に『錦里文集(十巻)』、『班荊集(二巻)』がある。

木門十哲[編集]

参考文献[編集]