清原広澄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
 
清原広澄
時代 平安時代中期
生誕 承平4年(934年
死没 寛弘6年(1009年
改名 海広澄(海宿禰広澄)→清原広澄(清原真人広澄)
官位 明経道侍読、明経道助教、権少外記、少外記、大外記、従五位下明経博士正五位下
主君 花山天皇一条天皇
氏族 海氏凡海氏?)→広澄流清原氏
父母 不明
兄弟 広澄、近澄、善澄?
頼隆(近澄の子)
テンプレートを表示

清原 広澄(きよはら の ひろずみ)、初名海 広澄(あま の ひろずみ)は、平安時代中期の貴族儒学者正五位下明経博士一条天皇の頃の代表的儒学者。広澄流清原氏の氏祖で、その後裔は江戸時代幕末まで明経道家学とする公家として栄え、明治維新後は華族となった。

経歴[編集]

承平4年(934年)に誕生[注釈 1]。弟に近澄がおり[2]、また、鈴木理恵は、同時代に明経道の助教として活躍した善澄も広澄の弟ではないかと推測した[1]。出自は諸説あるが、海氏(海宿禰)出身が定説(詳細な議論は清原氏 (広澄流)#出自を参照)。太田亮は、海氏の中でも特に天武天皇の時代の凡海氏(大海氏)の凡海麁鎌が先祖ではないかと主張した[3]

50代に入り、寛和元年(985年)に権少外記、翌2年(986年)に少外記、永延元年(987年)に大外記と出世を重ね、翌2年(988年)ついに叙爵従五位下叙位)されて貴族となり、外記局を辞す(『外記補任』)[4]。その一方、明経道でも助教や直講となり、長保4年(1002年)、明経博士[2]

寛弘元年(1004年)12月、海宿禰(あま の すくね)から清原真人(きよはら の まひと)に改姓した(『尊卑分脈』)[5]

寛弘6年(1009年)、数え76歳で卒去、最終的な位階は正五位下(『尊卑分脈』)[6]。跡を養嫡子の頼隆(弟の近澄の子)が継いだ[2]

死後、大江匡房の『 続本朝往生伝』(1100年ごろ)では、一条天皇治世下(986–1011年)の代表的な明経道の儒学者について、善澄と広澄が双璧として語られている[2]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ 尊卑分脈』記載の没年と数え年[1]からの逆算。

出典[編集]

  1. ^ a b 鈴木 1987, p. 21.
  2. ^ a b c d 鈴木 1987, p. 6.
  3. ^ 太田 1934, pp. 1985–1986.
  4. ^ 鈴木 1987, pp. 8, 21.
  5. ^ 太田 1934, p. 1985.
  6. ^ 鈴木 1987, pp. 6, 21.

参考文献[編集]

  • 太田亮 「清原 キヨハラ」 『姓氏家系大辞典』 第2巻、上田萬年三上参次監修 姓氏家系大辞典刊行会、1934年、1980-1989頁。全国書誌番号:47004572https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1130938/84  オープンアクセス
  • 鈴木, 理恵明経博士家中原・清原氏による局務請負と教育」『日本の教育史学』第30巻、1987年、 4-23頁、 doi:10.15062/kyouikushigaku.30.0_4 閲覧は自由