平野長泰

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
 
平野長泰
Hirano Nagayasu.jpg
「太平記英勇伝七十一:平野権平長康」(落合芳幾作)
時代 安土桃山時代 - 江戸時代前期
生誕 永禄2年(1559年
死没 寛永5年5月7日1628年6月8日
改名 平野長勝(初名)→ 長泰 → 豊臣長泰
別名 長勝、通称:権平
墓所 泉岳寺東京都港区
官位 従五位下遠江守
主君 豊臣秀吉秀頼徳川秀忠家光
氏族 平野氏
父母 父:平野長治、母:堀田道悦(正定)の娘
兄弟 長時[1]、長景[2]長泰長重、長和、武右衛門、女(真野興次[3]の養女)
土方雄久の娘
長勝、女(下間仲虎[4]室)
特記
事項
『尾張群書系図部集』では、長重を長泰の養子として、長勝は長重の子と書いている。

平野 長泰(ひらの ながやす)は、安土桃山時代から江戸時代前期にかけての武将賤ヶ岳の七本槍の1人。

生涯[編集]

出自[編集]

平野氏桓武平氏維将流の流れを汲み、鎌倉幕府執権北条氏の庶流横井氏の子孫という。尾張国海東郡津島の住人となり、中島郡平野村を領したことから村名を姓とした。

ただし父平野長治[5]は元は船橋右京進と名乗り、祖父平野萬久入道[6][7]の養子となった人物で、桓武平氏とも北条氏とも血のつながりはなく、縁族に過ぎない。

永禄2年(1559年)、長泰はこの長治の三男として生まれた。通称を権平、は初めは長勝と言った。

略歴[編集]

天正7年(1579年)、家人であった父同様に、若くして羽柴秀吉に仕えた。

天正10年(1582年)の本能寺の変の後、秀吉と柴田勝家が対立し、天正11年(1583年)に賤ヶ岳の戦いで決戦をした際に、福島正則片桐且元らと共に格別の働きをして一番槍の巧名を顕したと賞され、賤ヶ岳の七本槍と称えられた。その功績によって河内国で3,000石の知行を与えられた。

天正12年(1584年)の小牧・長久手の戦いでは、4月9日、長久手で羽柴秀次が敗走した時に長泰は敵に突進して首級を挙げ、5月1日、二重堀砦の戦いでも奮闘した。

文禄4年8月に2,000石の加増となり、大和国十市郡田原本近隣七ヶ村において5千石の知行を与えられた。

慶長3年(1597年)3月15日、従五位下遠江守に叙任され、豊臣姓を下賜された。

慶長5年(1600年)、徳川家康会津征伐に従軍して、関ヶ原の戦いでは東軍に属した。徳川秀忠に従って中山道隊に加わったが、これは関ヶ原の本戦には間に合わなかったために目立った手柄を立てることはできなかった。

しかし以後も秀忠に仕え、慶長17年(1612年)、二条城の御殿の普請に加わり、その功を賞された。

ところが、慶長20年(1615年)の大坂の陣では一転して旧恩に報いようと豊臣方に合流しようと奔走し、家康に直訴したが、許されずに江戸留守居役を命じられた。

以後は波風を立てず、旗本として、秀忠の安西衆の1人に取り立てられて、3代将軍家光の代まで長寿を全うした。享年70。子孫は3代の長政の代で早くも血統は途切れ、他家より養子が入るが、9代続いて明治まで存続し、明治新政府の高直しにより大名・田原本藩となった。

関連作品[編集]

小説
テレビ

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 五郎左衛門。加藤清正の家臣。
  2. ^ 九郎右衛門。豊臣秀頼に仕え、大坂城落城の際に討ち死。
  3. ^ 秀頼の家臣。
  4. ^ 西本願寺の僧。刑部。下間仲玄の子。
  5. ^ 一説には長治は清原業賢の子(清原宣賢の孫)とする。
  6. ^ 萬久は法名。諱は「賢長」ともいうが確かではない。
  7. ^ 萬久の弟に平野新左衛門(宣政)という人物がおり、この人物は本能寺の変で二条御新造で討ち死にした。また同じ時に死んだ平野勘右衛門とは、長治(甚右衛門)であると推定する説もあるが、長治には山崎の戦いの後の10月に姫路城留守居を命じられた記録があり、その後も生存して、慶長11年(1607年)に没した。

参考文献[編集]

外部リンク[編集]