吉田兼敬

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
 
吉田兼敬
時代 江戸時代前期 - 中期
生誕 承応2年10月22日1653年12月11日
死没 享保16年12月17日1732年1月14日
改名 万丸(幼名)→兼連(初名)→兼敬
神号 妙応霊神
官位 侍従左兵衛督神祇権大副正二位非参議
主君 霊元天皇東山天皇中御門天皇
氏族 卜部氏嫡流吉田家
父母 父:吉田兼起、母:飛鳥井雅章の娘
兄弟 兼敬小倉公連
花園実満の娘
兼章舟橋尚賢樋口康熙室、裏松益光室、正親町三条公統養女、万里小路尚房室、八条隆英室、兼祥
養子:
テンプレートを表示

吉田 兼敬(よしだ かねゆき)は、江戸時代前期から中期にかけての公卿神道家歌人吉田兼起の子。官位正二位吉田神社の祠官、吉田家当主。

略歴[編集]

承応2年(1653年)、吉田兼起の子として誕生。初名は兼連。

祖父・吉田兼英は生来病弱で、大伯父・萩原兼従は一子相伝の奥義を吉川惟足に伝授した。しかし、父・兼起も伝授を受けることなく明暦3年(1657年)に卒去したため、幼くして家を嗣ぎ周囲の補佐を得て神道の教養を深めた。寛文5年(1665年)に諸社禰宜神主法度が発布され吉田家の権威が確立され、寛文8年(1668年)と同12年(1672年)に吉川惟足より返し伝授を受け、父祖の遺業の安定と拡充を図り家の基を固めた。

また、霊元天皇に『祓本』を相伝、次いで東山天皇に『祓本』を講じ、『御奉幣』『八雲神詠口訣』などの相伝にも奉仕した。

元禄10年(1697年)、名を兼敬と改めた。享保14年(1729年)、正二位となる。

享保16年(1732年)、薨去。

著作には『神道大意』『塩釜社縁起』『椋五所大明神由来』などがある。その他、『日本書紀』神代巻、『中臣祓』『六根清浄大祓』などの注釈書も遺しており、歌人としても知られ歌集も伝えられる。

系譜[編集]

関連項目[編集]