吉川惟足

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

吉川 惟足(よしかわ/きっかわ これたり/これたる、元和2年(1616年) - 元禄7年11月16日1695年1月1日))は、江戸時代前期の神道家[1]吉川神道の創始者。初名は元成と称し、後に惟足と改め、その後、萩原兼従の門下に入り、兼従の1字を取り、従時と称した[2]。号は視吾堂・相山隠山・相山隠士などと称す。姓は「きっかわ」、名は「これたる」とも伝わる。

経歴[編集]

江戸日本橋に生まれ、幼名を千代松丸(または、千代松)と称し、幼少の頃は大阪で暮らすが、9歳のときに父が病死したため、江戸日本橋の商家に養子に入りした。業種は薬種、魚屋と諸説ある[3]。屋号は、尼崎屋五郎左衛門、張物屋七右衛門の2説がある[3]。家業を継ぎ商人として精励するが、寛永11年(1634年)に養父と死別しており、以後、商いは順調でなかったため、慶安4年(1651年)に鎌倉へ隠居した。鎌倉で歌道に勤しむ中で日本古典にも目を向け『神代巻』、『中臣祓』を手に取り、神道への興味が生じる[4]。中臣祓の講義などを聴くが神典の文意は理解し難く、そんなおりに京都に萩原兼従の存在を知り、1653年承応2年)に京都へ出て兼従の門に入る[5]。明暦2年(1656年)に兼従は惟足に吉田神道の唯一神道奥義を伝授され[6]、後、新しい流派、吉川神道を開いた。その後江戸に戻り将軍徳川家綱を始め、紀州徳川家加賀前田家会津保科家などの諸大名の信任を得、天和2年(1667年)に、徳川綱吉から幕府神道方を命じられた[7]。以後吉川家の子孫が神道方を世襲した。

子孫は代々、会津藩からも初め50俵、後に30俵の合力米が給付されていたと、会津の古文書「續日記類寄續編」御知行・御扶持・御合力 の部に記録がある。具体的には、天保13年12月28日江戸よりの書、表題は「吉川四方之進殿へ遣わされ候御合力米 嫡子富之進殿へ進ぜられ候節の事」その中に「御代々神道御相伝格別の形をもって(中略)富之進殿へ年々30俵ずつ」遣わされている。

惟足の思想は、江戸、會津、水戸等にも広まったが、後には、垂加神道の勢力とほぼ合流してしまった[8]

関連書籍[編集]

  • 「玉伝秘訣」「土金之秘訣」「君道伝」平重道校注『日本思想大系 近世神道論・前期国学』岩波書店、1972  

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 平 1966, p. 3.
  2. ^ 土田 1932, p. 1.
  3. ^ a b 平 1966, p. 5.
  4. ^ 平 1966, p. 6.
  5. ^ 平 1966, p. 8.
  6. ^ 永沢 1986, p. 年譜.
  7. ^ 信政の教養 / 新編弘前市史”. 弘前市立弘前図書館. 2022年7月17日閲覧。
  8. ^ 河野省三 (1930). 神道の研究 (2 ed.). 森江書店. p. 324. doi:10.11501/1918474 

参考文献[編集]

  • 平重道 『吉川神道の基礎的研究』吉川弘文館、1966。 NCID BN06626167 
  • 土田誠一 『吉川惟足の神道説』土田誠一、1932。doi:10.11501/1209298 
  • 永沢奉実 『津軽史』 16巻、青森県文化財保護協会 (青森県立図書館内)〈みちのく双書 特輯〉、1986。 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]