平重道

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

平 重道(たいら しげみち、1911年10月18日 - 1993年7月2日[1])は、日本歴史学者東北大学名誉教授。

略歴[編集]

仙台市生まれ。東北帝国大学法文学部国史学科卒。1968年吉川神道の基礎的研究」で東北大学文学博士。東北大学教養部助教授、教授、宮城教育大学教授。仙台の歴史などを研究した。1986年11月、勲三等旭日中綬章受章。

著書[編集]

  • 『吉川神道の基礎的研究』吉川弘文館 1966
  • 『仙台藩の歴史 第1 伊達政宗・戊辰戦争』宝文堂 1969 
  • 『近世日本思想史研究』吉川弘文館 1969
  • 『仙台藩の歴史 第2 伊達騒動』宝文堂、1970 
  • 林子平 その人と思想 仙台藩の歴史 第4』宝文堂 1977 
  • 『みちのくの歴史』日本放送出版協会 (NHKブックスジュニア) 1979

共編著[編集]

  • 『日本文化史入門』石田一良,今中寛司共編 東北出版 1960
  • 『伊達治家記録』1-24 宝文堂出版販売 1972-82 (仙台藩史料大成)
  • 『日本思想大系 39 近世神道論・前期国学』阿部秋生と校注 岩波書店 1972
  • 『神道大系 論説編 10 吉川神道』神道大系編纂会 1983

記念論集[編集]

  • 『東北の考古・歴史論集』平重道先生還暦記念会 1974

脚注[編集]

  1. ^ 『著作権台帳』