吉田神社

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
吉田神社
斎場所大元宮
斎場所大元宮(国の重要文化財
所在地 京都府京都市左京区吉田神楽岡町30番地
位置 北緯35度01分31秒
東経135度47分05秒
座標: 北緯35度01分31秒 東経135度47分05秒
主祭神 建御賀豆智命
伊波比主命
天之子八根命
比売神
社格 式外社
二十二社(下八社)
官幣中社
別表神社
創建 貞観元年(859年
本殿の様式 春日造
例祭 4月18日
主な神事 節分祭
テンプレートを表示

吉田神社(よしだじんじゃ)は、京都府京都市左京区吉田神楽岡町吉田山にある神社二十二社(下八社)の一社。旧社格官幣中社で、現在は神社本庁別表神社

祭神[編集]

祭神は次の4柱(「春日神」と総称)で、勧請元の春日大社と同じ。()内の漢字は春日大社での表記。

歴史[編集]

貞観元年(859年)、藤原山蔭が一門の氏神として奈良春日大社四座の神を勧請したのに始まる。後に、平安京における藤原氏全体の氏神として崇敬を受けるようになった。『延喜式神名帳』への記載はない(式外社)が、永延元年(987年)より朝廷の公祭に預かるようになり、正暦2年(991年)には二十二社の前身である十九社奉幣に加列された。

鎌倉時代以降は、卜部氏(後の吉田家)が神職を相伝するようになった。室町時代末期の文明年間(1469年 - 1487年)には吉田兼倶吉田神道(唯一神道)を創始し、その拠点として文明16年(1484年)、境内に末社・斎場所大元宮を建立した。近世初めには吉田兼見が、かつて律令制時代の神祇官に祀られていた八神殿(現在はない)を境内の斎場に移し、これを神祇官代とした。寛永5年(1665年)、江戸幕府が発布した諸社禰宜神主法度により、吉田家は全国の神社の神職の任免権(神道裁許状)などを与えられ、明治になるまで神道界に大きな権威を持っていた。

境内[編集]

境内図

摂末社[編集]

摂社[編集]

  • 若宮社
    春日大社にも天忍雲根命を祀った若宮神社が鎮座する。
  • 神楽岡社
    地域の地主神で、『延喜式神名帳』に記載のある「霹靂神」だと言われる。例祭は9月23日で神幸祭が10月最終日曜に行なわれる。

末社[編集]

ほか多数の神社が鎮座する。

主な祭事[編集]

節分大祭

文化財[編集]

重要文化財(国指定)[編集]

京都府指定文化財[編集]

  • 有形文化財
    • 吉田神社 9棟(建造物) - 平成24年(2012年)3月23日指定[2]
      • 本殿 4棟
      • 中門 1棟
      • 東御廊 1棟
      • 西御廊 1棟
      • 摂社若宮社本殿 1棟
      • 末社斎場所中門 1棟

現地情報[編集]

所在地

交通アクセス

周辺

  • 吉田幼稚園 - 境内に所在。
  • 京都大学吉田キャンパス

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 吉田神社斎場所太元宮 - 国指定文化財等データベース(文化庁
  2. ^ 京都府指定・登録等文化財(京都府教育委員会)。

関連図書[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]