京都市営バス錦林出張所

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

京都市営バス烏丸営業所錦林出張所(きょうとしえいバスきんりんしゅっちょうしょ)は、京都市左京区浄土寺真如町ある京都市営バス烏丸営業所の出張所である。かつては営業所であったが、1997年に烏丸営業所の支所、1999年に烏丸営業所の出張所に格下げとなった。

沿革[編集]

  • 1976年4月1日 - 京都市電錦林営業所跡地に京都市営バス錦林営業所を開設する。
  • 1979年5月20日 - 北野支所を廃止する。また、八条営業所の廃止、洛西営業所の開設に伴い、錦林営業所は27甲、200、200甲乙、202甲乙、212乙、220甲乙を運行するようになる。
  • 1981年5月29日 - 京都市営地下鉄烏丸線開業に合わせて大幅な路線再編が実施され、17、特17、27、203、204の各系統を運行するようになる。
  • 1986年3月31日 - 高野営業所の廃止に伴い、5号系統が高野営業所から錦林営業所に移管される。また、特17号系統が九条営業所に、27号系統が梅津営業所に、それぞれ移管される。
  • 1986年10月25日 - 204号系統(甲、外回り)が錦林営業所から烏丸営業所に、93号系統が梅津営業所から錦林営業所に、それぞれ移管される。
  • 1987年11月1日 - 65号系統が烏丸営業所から錦林営業所に、204号系統(乙、内回り)が錦林営業所から烏丸営業所に、それぞれ移管される。
  • 1989年7月1日 - 93号系統が錦林営業所から梅津営業所に移管される。27号系統が梅津営業所から錦林営業所に移管される。
  • 1997年10月12日 - 地下鉄東西線開業に伴う路線再編で、京都市営バス錦林営業所を烏丸営業所錦林支所に格下げする。17号系統を錦林営業所から九条営業所に、27号系統を錦林営業所から梅津営業所に、65号系統を錦林営業所から烏丸営業所に、93号系統を梅津営業所から錦林支所に、それぞれ移管する。
  • 1999年3月22日 - 烏丸営業所錦林支所を烏丸営業所錦林出張所に再び格下げする。5号系統を錦林支所から梅津営業所に移管する。また、17号系統を九条営業所との共管とする。
  • 1999年4月1日 - 烏丸営業所錦林支所を烏丸営業所錦林出張所に再び格下げする。
  • 2001年3月24日 - 17号系統を錦林出張所から九条営業所に移管する。
  • 2005年3月12日 - 5号系統を錦林出張所から九条営業所に移管する。17号系統が九条営業所から移管される。57号系統を新設する。
  • 2007年3月10日 - 57号系統を廃止する。急行102号系統が烏丸営業所から錦林出張所に移管される。
  • 2014年3月22日 - ダイヤ改正で全系統が京都バスに委託となる。
  • 2015年9月19日 - 循環2号系統を新設する[1]
  • 2017年3月18日 - MN204号系統を新設する。

概要[編集]

錦林出張所では、錦林車庫を経由する循環系統および均一系統を受け持つ。両所とも以前は左京区東部(修学院・岩倉)と市内中心部を結ぶ路線の一部も受け持っていたが、現在これらの系統は九条営業所に移管されている。なお錦林営業所の降格については、当時の交通局の財政事情の改善を目指して営業所の主屋より南側の土地全てを売却し、他の営業所規模に比較して降格したものである。なお、売却された土地は老人介護ホームが建っている。

担当系統[編集]

  • 1979年5月 - 1981年5月:27甲200200甲200乙202甲202乙212乙220甲220乙
  • 1981年5月 - 1986年3月:17特1727203204
  • 1986年3月 - 1986年10月:517203204
  • 1986年10月 - 1987年11月:51793203204乙
  • 1987年11月 - 1989年7月:5176593203
  • 1989年7月 - 1997年10月:5172765203
  • 1997年10月 - 1999年3月:51793203
  • 1999年3月 - 2001年3月:1793203
  • 2001年3月 - 2005年3月:5203
  • 2005年3月 - 2007年3月:1757203
  • 2007年3月 - 2014年3月:17急行102203
  • 2014年3月 - 2015年9月:17MN17急行102203MN205
  • 2015年9月 - 2017年3月:17MN17急行102203MN205循環2
  • 2017年3月 - :17MN17急行102203MN204MN205循環2

現行路線[編集]

17系統(撮影京都駅前)

17号系統[編集]

経路

  • 17号:錦林車庫前 - 銀閣寺道 - 河原町今出川 - 四条河原町 - 塩小路高倉 - 京都駅前
  • MN17号:京都駅前 → 塩小路高倉 → 四条河原町 → 河原町今出川 → 銀閣寺道 → 錦林車庫前

概要

17号系統は、錦林車庫前から銀閣寺道、百万遍、出町柳駅前、河原町丸太町、四条河原町、塩小路高倉を経由して京都駅前に至る全長7.9kmの路線である。主に、白川通今出川通河原町通塩小路通を走行する。路線名は河原町線となっている。

当系統は、京都市電2号系統(京都駅前-河原町今出川-銀閣寺道-錦林車庫前-東天王町-西ノ京円町-西大路駅前)の代替機能を有していることもあり、早朝5時台から深夜23時台にわたって運行されている。2008年現在、均一系統の中では最も早くから営業運転している。

京都市内でも有数の繁華街である四条河原町を経由するため、河原町三条-京都駅前において利用客が多くなっている。河原町通(河原町今出川 - 京都駅前)では同区間で平行する4号系統、205号系統を合わせると、5分隔と高頻度・等間隔運行が確保されている。

沿革(200号系統を含む)

  • 1976年4月
    • 200号系統を新設する。新設時の経路は、錦林車庫前 - 河原町今出川 - 京都駅前である。
    • 200甲号系統200乙号系統を新設する。新設時の経路は、(甲→)錦林車庫前 - 東天王町 - 西ノ京円町 - 西大路九条 - 九条近鉄前 - 春日町(現:東寺道) - 京都駅前 - 河原町今出川 - 銀閣寺道 - 錦林車庫前(←乙)である。
  • 1980年2月:200号系統は京都駅前 - 三哲(現:下京区総合庁舎前)- 京都駅八条口を延長する。
  • 1981年5月
    • 200号系統は塩小路高倉 - 京都駅前 - 三哲 - 京都駅八条口を、塩小路高倉 - 京都駅八条口に変更する。京都駅八条口 - 春日町 - 九条近鉄前 - 東寺南門前( → 洛陽高校前(現:九条御前通) → / ← )東寺西門前を延長する。17号系統に系統番号を変更する。
    • 特17号系統を新設する。新設時の経路は、錦林車庫前 -(17号系統)- 塩小路高倉( → / ← 京都駅前 ← )京都駅八条口である。
    • 200甲号・200乙号系統を廃止する。
  • 1982年9月:特17号系統の塩小路高倉( → / ← 京都駅前 ← )京都駅八条口を、塩小路高倉 - 京都駅前に変更する。
  • 1987年11月:17号系統の東寺西門前 → 東寺南門前 → 九条大宮 → 京都駅八条口を、東寺西門前 → 六孫王神社前 → 京都駅八条口に変更する。
  • 1996年3月
    • 17号系統の塩小路高倉 - 京都駅八条口アバンティ前を、塩小路高倉 - 京都駅前 - 塩小路高倉 - 京都駅八条口アバンティ前に変更する。
    • 特17号系統を廃止する。
  • 1997年10月:京都駅前 - 京都駅八条口アバンティ前 - 京都駅八条口( → 九条近鉄前 → 洛陽工業高校前(現:九条御前通) → / ← 八条油小路 ← 六孫王神社前 ← )東寺西門前を、京都駅前 - 下京区総合庁舎前( → 九条近鉄前 → 洛陽工業高校前 → / ← 八条油小路 ← 六孫王神社前 ← )東寺西門前に変更する。
  • 2001年3月:錦林車庫前 - 銀閣寺道・京都駅前 - 東寺西門前を廃止し、起終点を変更する。銀閣寺道での5A号系統との連続運行を開始する。
  • 2005年3月:銀閣寺道 - 錦林車庫前を延長し、起終点を変更する。銀閣寺道での5A号系統との連続運行を廃止する。
  • 2014年
    • 3月22日MN17号系統を新設する。新設時の経路は、京都駅前 → 塩小路高倉 → 四条河原町 → 河原町今出川 → 銀閣寺道 → 錦林車庫前。
    • 10月1日:平日昼間時間帯に限り、バスの駅「四条河原町」(四条河原町南詰)に復路が停車する。


停留所およびダイヤ

平日・土曜日・休日とも、運転間隔は12-15分毎である。なお、早朝、深夜には、九条営業所で運行される便もある。 MN17号系統は、京都駅前24時発の深夜バスで、平日・土曜ダイヤのみ運行する。

急行102号系統[編集]

経路

  • 急行102号:錦林車庫前 - 銀閣寺道 - 出町柳駅前 - 北野白梅町 - 金閣寺道 - 千本北大路 - 北大路バスターミナル

概要

急行102号系統は、錦林車庫前から銀閣寺を経由し、今出川通を進み、金閣寺を経由して北大路バスターミナルに至る路線である。主要停留所のみに停車する系統である。 なお、この系統は、多くの観光地を結んで走る系統のため、外国人の利用が非常に多くなっている。そこで、2005年1月19日から外国人観光客誘致推進事業の一つとして実施されている洛バス系統のひとつとして運行されている。本系統に用いられる車両は、秋の紅葉をイメージした黄色のラッピングが施されている。

沿革

  • 2001年3月急行102号系統を新設する。新設時の経路は、錦林車庫前 - 銀閣寺道 - 出町柳駅前 -(葵橋)- 河原町今出川 - 烏丸今出川 - 北野天満宮前 - 北野白梅町 - 金閣寺道 - 千本北大路( →(今宮神社前)→ / ←(船岡山)← )大徳寺道である。
  • 2001年10月: 急行100号系統、急行101号系統、急行102号系統で統一ロゴを導入する。
  • 2005年
    • 1月: 「外国人向け観光推奨バス」(洛バス/RAKU BUS)の運行を行う。対象となる系統は、本系統を含めた3系統である。
    • 3月:千本北大路( →(今宮神社前)→ / ←(船岡山)← )大徳寺道を千本北大路 - 北大路堀川 - 北大路バスターミナルに、出町柳駅前 -(葵橋)- 河原町今出川を出町柳駅前 -(加茂大橋)- 河原町今出川に変更する。起終点を変更する。
  • 2007年3月:起終点を変更する。

停留所およびダイヤ

主要停留所のみに停車する系統である。停車停留所は、銀閣寺道、百万遍、出町柳駅前、河原町今出川、烏丸今出川、堀川今出川、今出川大宮、千本今出川、北野天満宮前、北野白梅町、わら天神前、金閣寺道、千本北大路、大徳寺前、北大路堀川である。錦林車庫前発で8時台 - 16時台、北大路バスターミナル発で8時台 - 17時台で30分間隔で運行している。なお、トップシーズンの土・休日のみ15分間隔に増発される。


203号系統[編集]

経路

  • 203号:錦林車庫前 - 熊野神社前 - 祇園 - 四条烏丸 - 西大路四条 - 西ノ京円町 - 北野白梅町 - 烏丸今出川 - 錦林車庫前

概要

203号系統は、錦林車庫前を起終点とし、白川通丸太町通東大路通四条通西大路通今出川通を循環する路線である。路線名は四条・今出川循環線である。入庫のため、錦林車庫前止めの便も存在する。また、早朝の始発便として西大路四条始発、錦林車庫までの便(梅津営業所管轄)がある。京都市電12号系統(西大路四条-北野白梅町-烏丸今出川-錦林車庫前-烏丸丸太町-西ノ京円町)および20号系統(銀閣寺-熊野神社前-祇園-四条大宮-千本今出川-金閣寺-千本北大路)の代替機能を持っているが、四条大宮 - 西大路四条間はトロリーバスが運行していて、市電の線路が敷設されなかった区間を走る(ただし、204号系統の方がその距離が長く、かつその区間を併走する鉄道路線が無い)。

四条通以北の旧市街地を東西に広く循環する路線である。そのため、高速鉄道のうち、JR嵯峨野線を除くJR線や近鉄京都線とは接続していないが、それ以外の地下鉄烏丸線四条駅今出川駅)、地下鉄東西線東山駅西大路御池駅)、阪急京都線河原町駅西院駅)、京阪本線鴨東線祇園四条駅出町柳駅)、JR嵯峨野線円町駅)と接続している。また、叡山電鉄叡山本線出町柳駅)、京福電気鉄道嵐山本線四条大宮駅西大路三条駅)、京福電気鉄道北野線北野白梅町駅)とも接続しているため、高速鉄道から叡山電鉄や京福電気鉄道へのアクセスとして用いられる場合も多い。なお、嵯峨野線円町駅開業までは、京都市営バスの循環系統路線としては204号系統と並んで、JR西日本各線に全く接続していない路線であった。

また、上記の鉄道駅の他、知恩院八坂神社北野天満宮京都御所銀閣寺といった観光施設、四条通の繁華街を経由するため、時間帯、曜日を問わず、比較的利用者の多い路線である。

当系統では、27号系統との無料乗り継ぎを2004年3月から2014年3月まで実行していた。これは、27号または203号系統に乗車し、乗継指定停留所である太子道、西大路御池、西大路三条、西大路四条において相互に乗り換える場合に乗継券を発行するというものであった。 なお、これに伴って27号系統は運転区間の見直しが行われている。

沿革(旧202号系統、212号系統、220号系統含む)

  • 1972年1月
    • 202号系統を新設する。新設時の経路は、北野白梅町 - 千本今出川 - みぶ(現:みぶ操車場前)- 祇園 - 東山二条(現:東山二条・岡崎公園口)である。
    • 220号系統を新設する。新設時の経路は、衣笠(現:立命館大学前)- わら天神前 - 千本北大路 - 千本今出川 - 四条大宮 - 祇園 - 熊野神社前( → 東天王町 → / ← 百万遍 ← )銀閣寺道である。
  • 1973年1月:202号系統の東山仁王門 - 東山二条を、東山仁王門( → / ← 東山二条 ← )岡崎公園前に変更する。
  • 1975年12月:220号系統の衣笠 - わら天神前 - 千本北大路 - 千本今出川を、衣笠 - 金閣寺前 - 市電金閣寺前(現:金閣寺道)- 北野白梅町 - 千本今出川に変更する。
  • 1976年4月
    • 212号系統を新設する。新設時の経路は、梅津車庫前(現:京都外大前)- 西大路四条 - 西ノ京円町 - 北野白梅町 - 銀閣寺道 - 東天王町 - 西ノ京円町 - 西大路四条 - 梅津車庫前である。
    • 202号系統は衣笠(現:立命館大学前)- わら天神前 - 北野白梅町を延長する。東山仁王門( → / ← 東山二条 ← )岡崎公園前を、東山仁王門 - 百万遍 - 千本今出川に変更する。
    • 220号系統の熊野神社前( → 東天王町 → / ← 百万遍 ← )銀閣寺道を、熊野神社前 - 東天王町 - 錦林車庫前 - 銀閣寺道 - 百万遍 - 千本今出川に変更する。
  • 1977年10月:212乙号系統の起終点を錦林車庫前に変更する。
  • 1978年10月
    • 202号系統の千本今出川 - 百万遍 - 熊野神社前を、錦林車庫前 - 東天王町 - 熊野神社前に変更する。
    • 220号系統の錦林車庫前 - 東天王町 - 熊野神社前 - 祇園 - 四条大宮 - 千本今出川を廃止する。
  • 1981年5月
    • 212号系統の梅津車庫前 - 西大路四条を廃止する。熊野神社前 - 烏丸丸太町 - 西ノ京円町を、熊野神社前 - 祇園 - 西大路四条に変更する。203号系統に系統番号を変更する。
    • 202号・220号系統を廃止する。
  • 2004年3月:西大路四条 - 太子道で27号系統との相互無料乗継を開始する。
  • 2014年3月22日:西大路四条 - 太子道で27号系統との相互無料乗継を終了する。

なお、1981年の誕生以降、錦林営業所(錦林出張所)が運行している。

停留所およびダイヤ

平日の昼間は1時間あたり5-6本、土曜・休日の昼間は1時間あたり5本の運行となっている。

MN204号系統[編集]

烏丸営業所を参照

MN205号系統[編集]

九条営業所を参照

循環2号系統[編集]

経路

  • 循環2:三条京阪前 → 河原町三条 → 四条河原町 → 四条京阪前 → 三条京阪前 → 東山三条 → 東山仁王門 → 岡崎公園ロームシアター京都・みやこめっせ前 → 動物園正門前 → 南禅寺・疎水記念館・動物園東門前 → 岡崎法勝寺町 → 岡崎公園動物園前 → 岡崎公園美術館・平安神宮前 → 神宮道 → 青蓮院前 → 知恩院三門前 → 知恩院前 → 東山三条 → 三条京阪前

概要

循環2号系統は、岡崎地域の回遊性向上を目的に、2015年9月19日に新設された路線である。

「京都岡崎ループ」の愛称が付けられている。

沿革

  • 2015年9月19日循環2号系統を新設する。新設時の経路は、三条京阪前 → 河原町三条 → 京都市役所前 → 三条京阪前 → 東山三条 → 東山仁王門 → 岡崎公園ロームシアター京都・みやこめっせ前 → 動物園正門前 → 南禅寺・疎水記念館・動物園東門前 → 岡崎法勝寺町 → 岡崎公園動物園前 → 岡崎公園美術館・平安神宮前 → 神宮道 → 青蓮院前 → 知恩院三門前 → 知恩院前 → 東山三条 → 三条京阪前である。
  • 2017年3月18日:河原町三条 → 京都市役所前 → 三条京阪前を、河原町三条 → 四条河原町 → 四条京阪前 → 三条京阪前に変更する。

停留所およびダイヤ

平日・土曜日・休日とも9時頃から18時頃まで、1時間に4本運行される。始発3便は岡崎公園動物園前始発、最終3便は岡崎公園ロームシアター京都・みやこめっせ前までである。運転手交代は動物園正門前で行っている。

運転開始当初に四条河原町を経由するルートにできなかったことや、特殊なラッピングにより市バスと見られにくく一日乗車券の利用者が回避したことから、利用予測の半分程度の利用率に留まっており、交通局ではポスター等で利用を呼びかけたり、バス車体に「市バス」のステッカーを貼付するなどの対策を取っている。2017年3月18日のダイヤ改正で四条河原町を経由するルートに変更した。

代走担当路線[編集]

5号系統[編集]

京都駅前23時00分発修学院道止を錦林出張所が代走する。

九条営業所も参照

93号系統[編集]

錦林車庫前6時10分・20分・30分発(土休日は6時10分発のみ)を錦林出張所が代走する。

梅津営業所も参照

205号系統[編集]

河原町三条22時55分発京都駅前止、京都駅前23時20分発西大路七条・金閣寺道経由烏丸北大路止を錦林出張所が代走する。

九条営業所も参照

撤退路線[編集]

5号系統[編集]

現在は九条営業所(京阪バス委託)が運行

京都駅前23時00分発の修学院道止のみ代走で担当する。

錦林出張所時代には早朝・深夜時には四条烏丸折り返し便が存在していた。一時期梅津営業所に所属していた時期があったが、今の形になるまでは殆どが錦林営業所(のちに支所→出張所)の所轄路線だった。

27号系統[編集]

現在は梅津営業所が運行

57号系統[編集]

運行されていた区間

  • 錦林車庫前 - 三条京阪前 - 四条烏丸 - 京都駅前

沿革

  • 2005年3月:57号系統を新設する。新設時の経路は錦林車庫前 - (5号系統) - 京都駅前である。
  • 2007年3月:5号系統に統合し廃止する。

65号系統[編集]

現在は九条営業所(京阪バス委託)が運行

93号系統[編集]

現在は梅津営業所(西日本ジェイアールバス委託)が運行

但し、早朝の一部の便は引き続き錦林出張所にて運行している。

204号系統[編集]

現在は烏丸営業所が運行

車両[編集]

1976年3月の開設以降、シャーシは日野自動車製に統一されていたが、1986年3月の高野営業所廃止に伴い、三菱自動車(現・三菱ふそうトラック・バス)製の車両が転属となった。その関係で、日野自動車製の他に、少数ながら三菱自動車製の車両も新製配置されていた。1997年10月の支所(当時)格下げ時に再度日野自動車製に統一されたが、近年では一般競争入札の実施により国内4メーカーの車両が新製配置されている。格下げによる規模縮小で整備場が廃止されたため、通常の車両整備は烏丸営業所で行っている。

102号系統には専用の車両が入っており、特別な塗装となっている。該当車両は以下のとおりである。

現在の車両

  • 日産ディーゼルKL-JP252NAN(2001年製、ノンステップ):2台
  • 日野ブルーリボンシティKL-HU2PMEE(2004年製、ノンステップ):2台 ※下記2台の代替として、2008年末に一般塗装車から転用

過去の車両

  • 三菱ふそうU-MP618K改(1993年製、ツーステップ、蓄圧式ハイブリッドバス):1台
    • 三菱ふそう製の蓄圧式ハイブリッドバスは、「MBECS」と称している。
  • 日産ディーゼルU-UA440HAN改(1994年製、ツーステップ、天然ガスバス):1台

2015年現在、烏丸営業所錦林出張所には以下の低公害バスが所属している。

  • 日野LJG-HU8JMGP(2014、2015年製、ノンステップ、電気式ハイブリッドバス):4台

過去の車両

  • 三菱ふそうU-MP618K改(1993年製、ツーステップ、蓄圧式ハイブリッドバス):1台 ※洛バス専用車
  • 日産ディーゼルU-UA440HAN改(1994年製、ツーステップ、天然ガスバス):1台 ※洛バス専用車

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ [1] 京都市会交通水道消防委員会 平成27年7月24日

参考文献[編集]

関連項目[編集]