神宮道

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
平安神宮大鳥居前
平安神宮より二条通・大鳥居方向。車道時代。(2010年)
二条通より北側。歩行者専用道路に(2017.03.05)

神宮道(じんぐうみち)は京都市の南北の通りの一つ。平安神宮應天門から南へ大鳥居をくぐり、琵琶湖疏水を慶流橋で渡り、三条通と交差して知恩院三門、円山公園まで。東山の観光地を結ぶため観光客が多い。

沿道の主な施設[編集]

概要[編集]

歴史[編集]

  • 2015年9月1日:神宮道の一部(冷泉通−二条通間)の約120メートルが歩行者専用の「岡崎プロムナード」として供用開始。[1]

公共交通[編集]

三条京阪四条河原町京都駅方面への京都市営バス路線が三条通二条通間で設定されている。

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 京都市情報館:神宮道と岡崎公園の再整備(岡崎プロムナード)の完成について”. 京都市役所 (2015年8月20日). 2017年3月5日閲覧。


京都市内の南北の通り
西隣の通り
古川町通東大路通
北は 冷泉通 まで 東隣の通り
岡崎道
神宮道
南は 円山公園 まで