丹生川上神社

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
この項目には、一部のコンピュータや閲覧ソフトで表示できない文字が含まれています詳細
丹生川上神社
Niu-Kawakami shrine.jpg
拝殿
所在地 奈良県吉野郡東吉野村大字小968
位置 北緯34度23分25.1秒
東経135度59分10.8秒
座標: 北緯34度23分25.1秒 東経135度59分10.8秒
主祭神 罔象女神
社格 式内社名神大
二十二社(下八社)
官幣大社
別表神社
創建 (伝)白鳳4年(675年
本殿の様式 三間社流造檜皮葺
札所等 神仏霊場巡拝の道41番(奈良28番)
例祭 10月16日
地図
丹生川上神社の位置(奈良県内)
丹生川上神社
丹生川上神社
テンプレートを表示

丹生川上神社(にうかわかみじんじゃ)は、奈良県吉野郡東吉野村にある神社式内社名神大社)、二十二社(下八社)の一社。旧社格官幣大社で、現在は神社本庁別表神社

社名について[編集]

古くは「雨師明神」と称され、江戸時代からは「蟻通明神」とも称された。

大正以降、同郡川上村の丹生川上神社上社・同下市町の丹生川上神社下社に対して「丹生川上神社中社」とも称されるようになったが、これは上下2社が既に存在したために、これを「中」としたもので、位置関係や社格の上下を表すものではない。

祭神[編集]

現在の祭神は以下の通り。本殿と東殿・西殿の3殿を中心として、各殿に神々を祀る。

六国史では、「丹生川(河)上神」と地名を以て記され、具体的な神名を表すものはないが、古来朝野の祈止雨祈願がしばしば行われ、雨を司る水神であったので、これを記紀神話に見える罔象女神(みずはのめのかみ)や龗神(おかみのかみ)に充てるようになった。また平安時代初め頃から「雨師神」とも称されるようになったが[1]雨師とは風伯と並ぶ古代中国の雨乞いの神なので、これは唐風文化への傾倒による神名であることは明らかである[2]。また、祈雨祈願の際には黒馬が、止雨の時には白馬(または青馬)が奉献される例であったが、これはを水神乃至はそれと密接な動物と見る観念に基づくものであり[3]、また馬の色は、雨雲と黒、晴天と白という観念連合に基づく類感呪術であろう[4]

現在の祭神は、大正11年(1922年)にそれまでの「大穴貴神・表筒男命・伊邪奈伎命」を変更したものである。

歴史[編集]

社伝に因れば、鎮座地は神武天皇が天神の教示によって天神地祇を祀り、戦勝を占った地であり[5]白鳳4年(675年)に罔象女神を御手濯(みたらし)川(高見川)南岸の現摂社丹生神社の地に奉斎し、その後現在地に遷座したものと伝えるが、寛平7年(895年)の太政官符(『類聚三代格』所収)には、当時の丹生川上神社の禰宜を引き、『名神本紀』という書に「『人声の聞こえない深山で我を祀れば、天下のために甘雨を降らし霖雨を止めよう』との神託により創祀した」との伝えがあることを記してる[6]吉田兼倶撰といわれる『二十二社注式』には、天武天皇の白鳳乙亥年(4年)に垂迹し、大和神社の別宮になったと記されているので、吉野と浅からぬ関係にあった同天皇によって創祀されたものとされている[7]。古来大和神社(天理市鎮座)の別社とされ[8]、祈止雨の霊験著しい雨師神として、朝廷から重んじられ、宝亀4年 (773年)には神戸4烟が充てられている(『続日本紀』)。律令制時代を通じて祈雨神祭祭神に預かり、祈止雨祈願のために貴布禰社とともに奉幣がなされた例は枚挙に遑がないが、その折には奉幣使に大和神社の神主が従う定めとされていた[9]。『延喜式神名帳』では官幣大社(名神大社)に列格し、律令制の弛緩に際しても、二十二社の1社にもなるなど朝廷からの厚い崇敬は変わらなかったが、次第に奉幣も減少するなど衰微していき、応仁の乱以降は、ついにその所在すら不明となるに至った。なお、社伝では中世以降たびたび造改築されたことが伝えられており、当神社所蔵の慶安3年(1650年)の造営の上梁文には、当初の鎮座地に丹生神社を新造するとともに、本社を金剛峯寺鎮守神に倣って「蟻通明神」と改称した旨が記されている。

近世以降『神名帳』の研究が盛んになり、特に式内社の所在地が問題とされるようになると、まず丹生川上神社下社が式内大社丹生川上神社に比定され、次いで明治に入って上社が比定されたが、大正4年(1915年)に森口奈良吉が『丹生川上神社考』を著し、明治以降郷社に列していた当神社が式内丹生川上神社であることを考証し、その後の調査でそれが立証されたため、同11年に社名を「蟻通神社」から「丹生川上神社」に改称、上下2社に対して「中社」を称するとともに、3社を合わせて「官幣大社丹生川上神社」として社務所が置かれるなど、当神社がその中心に位置づけられた。第二次大戦後の官制廃止にともなって、昭和27年(1952年)に3社はそれぞれ独立、当神社は現在神社本庁に属して、その別表神社とされている。

神階[編集]

弘仁9年(818年)に従五位下が授けられ(『日本紀略』所引『続日本紀』)、その後承和7年(840年)正五位下、同10年従四位下(以上『続日本紀』)、嘉祥3年(850年)正四位下(『文徳天皇実録』)、貞観元年(859年)従三位、元慶元年(877年)正三位へと累進した(以上『日本三代実録』)。ちなみに、『大倭神社注進状』には、寛平9年(897年)に従二位へ昇ったと記されている。

祀官[編集]

中世以来安土桃山時代まで小川氏が神主職を襲い、また別当寺院として金剛峯寺末寺摩尼山大乗院が奉仕してきた。小川氏は当地一帯(小川郷)の領主と宇陀郡雨師荘の荘官を兼帯し(従って同荘に鎮座する式内丹生神社をも所管した)、在地領主として勢力を誇った(南北朝時代には北畠氏に属し、また長禄2年(1458年)の神璽奪還(長禄の変)に活躍した小川弘光が著名である)が、天正6年(1578年)に筒井順慶に屈してから衰退し、同15年(1587年)に断絶した。以後、江戸時代を通じて大乗院が専管したが、これも明治5年に廃された。

境内[編集]

  • 社殿
本殿は三間社流造で南面し、その左右に配祀神を祀る東殿・西殿が建つ。東西両殿はそれぞれ、一間社流造の3宇を相の間で接続した正面5間側面1間の流造の形式となっている。また、本殿から石段による渡殿が、正面3間側面2間入母屋造平入の拝殿まで続く。以上いずれも檜皮葺で、本殿は文政12年(1829年)の、他も文政11年から天保元年(1828-30年)までの造替にかかるものである。

摂末社[編集]

摂社[編集]

  • 丹生神社
    • 祭神:弥都波能売命
御手洗川対岸の旧社地に鎮座するため「本宮」とも称される。本殿は春日造板葺。
上述慶安3年の上梁文によると、この時に鎮座したことになる。ちなみに、大正4年の「神社祭神変更並に社名変更許可書」に、当社の「御霊代ヲ本社ニ奉遷シ、丹生神社ニハ適当ノ御霊代ヲ奉安スルコト」とある。

末社[編集]

主な祭事[編集]

  • 例祭(10月16日) - 以前は旧暦9月16日に行われたが、大正11年に改めた。「壇尻(だんじり)祭」「小川祭」とも称し、氏子区内から8基の太鼓台が繰り出し、境内を乱舞する。大和三大祭りの一つである。

文化財[編集]

重要文化財(国指定)[編集]

  • 石灯籠
東殿前に立つ。高2.6mで竿に「丹生社 弘長二二年二九 大工伊□□ 施主右衛門尉」の陰刻がある(「二二年」は「四年」の意)[10]。刻銘は判読困難の部分もあるが、弘長4年(1264年伊行吉が造ったものとされる。昭和38年(1963年)指定。

天然記念物(国指定)[編集]

その他[編集]

  • 神像 - 1躯は像高54cm、一木造の「罔象女神坐像」で、日本最古の和装姿のものとされる。他に唐衣の女神像2躯、男神像4躯が奉安され、いずれも藤原時代後期の作とされる

現地情報[編集]

所在地
交通アクセス

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 初見は『日本後紀大同3年(808年5月壬寅(21日)条の「奉黒馬於丹生川上雨師神。以祈雨也」の記事。
  2. ^ 抱朴子』には「雨師者龍也」ともあり、竜蛇神でもある龗神との関連が指摘できる。
  3. ^ 石田英一郎河童駒引考』(1948年)参照。
  4. ^ フレイザー金枝篇』(1936年)参照。特に第1部第3章「共感呪術」及び第5章「天候の呪術的支配」には、祈雨の時に黒色の動物が、止雨祈願の時には白い(または赤い)動物が関係する事例を集めている。日本語訳では神成利男訳第1巻(国書刊行会、2004年)、または永橋卓介訳簡約版第1巻(岩波文庫、1951年)、吉川信訳初版上巻(ちくま学芸文庫、2003年)がある。
  5. ^ 日本書紀』神武天皇即位前紀戊午9月条に記載するが、これは宇陀郡榛原町雨師鎮座の式内丹生神社の地であるとされている。
  6. ^ 原文「丹生川上雨師神祝祢宜等解状称。謹検撿名神本紀云。不聞人声之深山吉野丹生川上。立我宮柱以敬祀者。為天下降甘雨止霖雨者。依神宣造件社」。ちなみにこの官符は近在の百姓浪人がしばしば神地を穢すので、当時当社を「別社」として管掌していた大和神社神主の求めにより、当社境域の四至を定め、禁制を課すために下されたもので、その四至境域の記述は、論社考証に決定的な役割を果たした。
  7. ^ 松田寿男『丹生の研究』、早稲田大学出版部、1974年。
  8. ^ 古老の伝えに、大和神社の末社である「雨師明神」(現 高龗神社)を勧請したものという。
  9. ^ 『延喜式』臨時祭祈雨神祭条。なお、『大倭神社注進状』には、この規定は大和神社の別宮であるためであると記している。
  10. ^ 川勝政太郎『日本石造美術辞典』(東京堂、1978)、p.197

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]