オモイカネ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

オモイカネ(おもひかね)は、日本神話に登場する知恵を司る神である。

記述[編集]

古事記』では思金神常世思金神、『日本書紀』では思兼神、『先代旧事本紀』では思金神常世思金神思兼神八意思兼神八意思金神と表記する。

高皇産霊尊の子とされる。

最も有名な話では、岩戸隠れの際に、天の安原に集まった八百万の神に天照大神を岩戸の外に出すための知恵を授けたこととされている。葦原中国平定では、葦原中国に派遣する神の選定を行っている。その後の天孫降臨瓊々杵尊に随伴した。

『先代旧事本紀』では、思兼神は信濃国に降り立って信之阿智祝の祖になり、また、秩父国造の祖ともなったとしている。子に天表春命・天下春命がおり、栲幡千千姫命は思兼神の妹に当たる。

信仰[編集]

秩父神社埼玉県秩父市)、阿智神社長野県下伊那郡阿智村)などに祀られている。また天気に関する唯一の神社、気象神社(東京都杉並区)にも祀られている。

思兼神を祀る主な神社[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]