オモイカネ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

オモイカネ(おもひかね)は、日本神話に登場する知恵を司る神である。

記述[編集]

古事記』では思金神常世思金神、『日本書紀』では思兼神、『先代旧事本紀』では思金神常世思金神思兼神八意思兼神八意思金神と表記する。

高皇産霊尊の子とされるが、常世の神とする記述もある。名前の「おもひ」は「思慮」、「かね」は「兼ね備える」の意味で、「数多の人々の持つ思慮を一柱で兼ね備える神」の意である。思想や思考、知恵を神格化したものと考えられている。「八意」(やごころ)は多くの知恵という意味であり、また立場を変えて思い考えることを意味する。高天原の知恵袋といっても良い存在である。

最も有名な話では、岩戸隠れの際に、天の安原に集まった八百万の神に天照大神を岩戸の外に出すための知恵を授けたこととされている。葦原中国平定では、葦原中国に派遣する神の選定を行っている。その後の天孫降臨瓊々杵尊に随伴した。

『先代旧事本紀』では、思兼神は信濃国に降り立って信之阿智祝の祖になり、また、秩父国造の祖ともなったとしている。子に天表春命・天下春命がおり、栲幡千千姫命は思兼神の妹に当たる。

信仰[編集]

知恵の神、学問受験の神として信仰されており、秩父神社埼玉県秩父市)、阿智神社長野県下伊那郡阿智村)などに祀られている。また天気に関する唯一の神社、気象神社(東京都杉並区)にも祀られている。 また、江戸時代後期の国学者・平田篤胤の説では、この神は天児屋命と同一神であるとしている。

また、この神は、家を建てる際の建前と関係のある手斧初の儀式の際に祭られる神ともされている(手置帆負命(たおきほおひのみこと)彦狭知命(ひこさしりのみこと)の二神と、現地の産土神もしくは思兼神を祭る)。

思兼神を祀る主な神社[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]