室蘭市

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
むろらんし
室蘭市
Chikiu.JPG
地球岬
Flag of Muroran, Hokkaido.svg
室蘭市旗
Muroran Hokkaido chapter.svg
室蘭市章
1936年4月13日制定
日本の旗 日本
地方 北海道地方
都道府県 北海道 胆振総合振興局
団体コード 01205-0
面積 80.66km²
総人口 90,996
住民基本台帳人口、2013年12月31日)
人口密度 1,130人/km²
隣接自治体 登別市伊達市
市の木 ナナカマド
市の花 ツツジ
他のシンボル 市の鳥 : ヒガラ
市の魚 : クロソイ
室蘭市役所
市長 青山剛
所在地 051-8511
北海道室蘭市幸町1番2号
北緯42度18分54.9秒東経140度58分26.5秒
Muroran-cityhall.JPG
外部リンク 室蘭市

日本地域区画地図補助 01570.svg

室蘭市位置図

― 政令指定都市 / ― 市 / ― 町・村

 表示ノート編集履歴 ウィキプロジェクト

室蘭市(むろらんし)は、北海道の南西部に位置する胆振総合振興局(旧胆振支庁)の所在地である。

概要[編集]

天然の良港を活かし、鉄鋼業を中心に、造船、石炭の積み出し、石油精製などで発展した、北海道を代表する重化学工業都市である。新日本製鐵(現:新日鐵住金)や日本製鋼所企業城下町で、よく「鉄のまち室蘭」と称されてきた。胆振総合振興局の所在地である。人口や経済規模では苫小牧市に次ぎ管内2位。室蘭の名前の由来は、アイヌ語のモ・ルエラニ「小さな坂道の下りたところ」の意による。明治期の呼称はモルラン

面積が狭いため、2006年(平成18年)8月1日現在、人口密度は1,225.82人/km²で、北海道では札幌市の1,666.51人/km²に次いで2番目に高い。かつては20万近くを有する都市であり、人口密度も北海道で最も高かったが、基幹産業ともいうべき新日本製鐵や日本製鋼所等での大規模な合理化のほか、登別市伊達市など地価の安い周辺都市[1]や、より札幌や新千歳空港に近く平地の多い苫小牧市での大規模開発などに押され、人口は1970年代後半以降減少が続いた。1980年(昭和55年)には苫小牧市に抜かれ、2005年(平成17年)の国勢調査では58年ぶりに10万人を下回り苫小牧市の人口のおよそ半分程になってしまった。

衆議院議員選挙における選挙区は北海道第9区である。この選挙区は元総理・元国会議員の鳩山由紀夫の選出された選挙区であった。

歴史[編集]

江戸時代松前藩によってエトモ場所とモロラン場所と呼ばれる二つの家臣知行地が開かれていた。

名所・旧跡・観光・祭事[編集]

文化財[編集]

登録有形文化財[編集]

  • 室蘭市旧室蘭駅舎(現:室蘭観光協会)

史跡[編集]

  • 東蝦夷地南部藩陣屋跡 モロラン陣屋跡

室蘭市指定文化財[編集]

  • 輪西屯田兵旧火薬庫 - 中島神社
  • 輪西屯田兵記念碑 - 中島神社
  • 日本製鋼所室蘭製作所製造複葉機エンジン「室0号」
  • 輪西屯田兵関係資料 - 中島神社
  • 仙台藩角田領添田家関係資料 - 市立室蘭図書館、室蘭市民俗資料館蔵
  • 瑞泉鍛刀所の鞴 - ふいご
  • 石川家不動明王像
  • 室蘭神楽 - 室蘭神楽保存会
  • 御供獅子舞 - 室蘭市香川町郷土芸能保存会
  • 白鳥大橋海底部等出土の材化石及び貝化石の標本

その他[編集]

  • 本輪西遺跡 - 当遺跡から出土した土偶(東京国立博物館蔵)は国の重要文化財に指定(室蘭市民俗資料館にレプリカがある)。

名所・観光スポット[編集]

測量山山頂からのパノラマ(合成)
白鳥大橋

施設[編集]

旧室蘭駅

祭り[編集]

  • 測量山山開き大会(5月)
  • シャンシャン共和国建国祭(6月)
  • イタンキ浜海水浴場開き(7月)
  • むろらん港まつり(7月)
  • 裸みこし(8月)
  • 室蘭ジャズクルーズ[8](8月)-2010年、第10回目を最後に終了。
  • スワンフェスタ(9月)
  • 市民大運動会(9月)
  • 室蘭さかなの港町同窓会(10月)
  • ハーフマラソン大会と同時に白鳥大橋ウォーキング開催(10月体育の日)
  • むろらん夢キャンドル(12月)[9]
  • 白鳥大橋カウントダウン(12月)[10]
  • むろらん冬まつり(2月)

名物[編集]

  • 室蘭やきとり
    「やきとり」という名前であるが、鶏肉ではなく、豚肉タマネギを串に刺し、たれで焼き、洋からしを付けて食べるこの地方独特のもの。全国やきとり連絡協議会に参加し、全国「七大やきとりの街」の一つとしてPRしており、ふるさと小包にもなっている。
  • カレーラーメン
    室蘭のラーメン店では昔からカレーラーメンがあり(約20年前)この度、やきとりに次ぐ第二の町の代表食として売り出す計画を現在進行中である。
  • 味付うずら卵(こりゃ〜玉らん)
    北海道の生産シェア100%を誇る「室蘭うずら園」のうずら卵を使用。ふるさと小包にもなっている。
  • ボルタ
    ボルトやナットなどをハンダ付けして作られた体長5cmほどの小さな人形。正式名称はムロランワニシボルトマン。

地理[編集]

測量山と室蘭駅周辺(2009年4月)

太平洋内浦湾(噴火湾)の境に突き出した絵鞆半島を中心に市域が広がっており、三方を海に囲まれた地形。南端のチキウ岬(地球岬)からは広く水平線を臨むことができる。絵鞆半島に抱き込まれた形の室蘭港は天然の良港をなす。半島付け根の砂州と室蘭港に面した埋立地に平地があるが、市域の大部分は山がちであり、市街地の多くは沢に沿って形成されている。

気候[編集]

気候は、地形状の特性から著しい海洋性の気候であり、北海道でも最も温暖な部類に属する。1月の平均気温が-2.2℃と、より南に位置する函館よりも高く、1月の最低気温平均値は-4.4℃と長野市とほぼ同じである。このため、ケッペンの気候区分では西岸海洋性気候に分類されることもある。しかしこれは、室蘭地方気象台(山手町2丁目)が絵鞆半島の先端部の海まで数百メートルという場所に位置しており、風が強いため雪も積もりにくく、最低気温も下がりにくい(最低気温の極値は-13.4℃にしかならない)など、温暖な海洋性の特徴がより大きく表れているためでもある。そのため、現在の室蘭市の中心地である東室蘭駅周辺などの気候とは冬季の気温や積雪などを中心に多少異なっている。むしろ、絵鞆半島以外の市内全域は登別市伊達市の気候に近く、最寒月の平均気温は-3℃~-4℃前後と気象台の気温よりは寒冷である。天気はに晴天が多くなる。

室蘭地方気象台(1981年 - 2010年)の気候
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
平均最高気温 °C (°F) 0.3
(32.5)
0.5
(32.9)
3.9
(39)
9.5
(49.1)
14.3
(57.7)
17.5
(63.5)
20.9
(69.6)
23.4
(74.1)
21.1
(70)
15.7
(60.3)
8.9
(48)
2.9
(37.2)
11.6
(52.9)
日平均気温 °C (°F) −2.0
(28.4)
−1.9
(28.6)
0.9
(33.6)
5.8
(42.4)
10.2
(50.4)
14.0
(57.2)
17.9
(64.2)
20.5
(68.9)
18.0
(64.4)
12.6
(54.7)
6.1
(43)
0.5
(32.9)
8.6
(47.5)
平均最低気温 °C (°F) −4.2
(24.4)
−4.1
(24.6)
−1.5
(29.3)
2.9
(37.2)
7.2
(45)
11.5
(52.7)
15.8
(60.4)
18.5
(65.3)
15.4
(59.7)
9.6
(49.3)
3.3
(37.9)
−1.8
(28.8)
6.0
(42.8)
降水量 mm (inch) 54.9
(2.161)
43.0
(1.693)
48.2
(1.898)
75.1
(2.957)
101.3
(3.988)
107.5
(4.232)
165.1
(6.5)
192.8
(7.591)
164.4
(6.472)
93.0
(3.661)
75.2
(2.961)
64.4
(2.535)
1,184.8
(46.646)
降雪量 cm (inch) 65
(25.6)
56
(22)
36
(14.2)
8
(3.1)
0
(0)
0
(0)
0
(0)
0
(0)
0
(0)
0
(0)
8
(3.1)
38
(15)
211
(83.1)
平均降水日数 (≥ 1.0 mm) 12.5 9.3 9.4 7.8 9.1 8.6 11.1 11.0 10.2 10.5 12.2 12.2 123.8
平均降雪日数 28.7 24.9 20.2 4.8 0.1 0.0 0.0 0.0 0.0 0.7 11.0 24.1 114.5
 % 湿度 70 71 72 75 79 87 90 88 81 72 69 69 77
平均月間日照時間 89.7 121.9 181.6 194.2 194.1 156.5 128.0 143.0 167.8 170.2 105.0 74.4 1,725.2
出典: 気象庁

人口[編集]

Demography01205.svg
室蘭市と全国の年齢別人口分布(2005年) 室蘭市の年齢・男女別人口分布(2005年)
紫色 ― 室蘭市
緑色 ― 日本全国
青色 ― 男性
赤色 ― 女性
室蘭市(に該当する地域)の人口の推移
1970年 162,059人
1975年 158,715人
1980年 150,199人
1985年 136,208人
1990年 117,855人
1995年 109,766人
2000年 103,278人
2005年 98,372人
2010年 94,531人
総務省統計局 国勢調査より

行政[編集]

市長青山剛。(2011年5月1日就任、1期目)

行政機関[編集]

経済[編集]

産業[編集]

港湾・漁港[編集]

  • 室蘭港(特定重要港湾)
    北海道内全体の取り扱い貨物量の17.3%を占めており道内2位(3927t、2003年速報値)の規模を誇る港である。防波堤等で囲まれる被覆内港湾面積は1,409haで国内5位、岸壁数は北海道内の港湾最多の109バースを有している。特定重要港湾の指定を受けているほか、静脈物流拠点港(リサイクルポート)の機能を持つ。浮体式防災施設(広域防災フロート)を有し、内浦湾(噴火湾)全体の防災拠点港としての役割を果たしている。
  • 追直漁港(第3種漁港)
    絵鞆半島外側にあり、漁船やプレジャーボートの拠点となっているほか、ホタテ貝などの増養殖漁業も行われている。港内に多目的人工島を建設する「Mランド計画」が進められている。

農協・漁協[編集]

  • 伊達市農業協同組合(JA伊達市)室蘭事業所
  • 室蘭漁業協同組合

金融機関[編集]

郵便[編集]

  • 室蘭郵便局(集配局):中心部・母恋・御崎・港南地区
  • 東室蘭郵便局(集配局):東室蘭・輪西・本輪西・白鳥台・高砂町地区

宅配便[編集]

  • ヤマト運輸:千歳主管支店
    • 室蘭センター・室蘭西センター(登別東センターと同居)
    • 室蘭東センター・室蘭中島センター
  • 佐川急便:室蘭店
  • 日本通運:室蘭支店

公共機関[編集]

警察[編集]

姉妹都市・友好都市・交流都市[編集]

教育[編集]

大学・短期大学[編集]

専修学校[編集]

高等学校[編集]

道立[編集]

私立[編集]

※いずれも男女共学

学校教育以外の施設[編集]

住宅団地[編集]

  • 道営住宅水元町団地
  • 道営住宅寿町B団地
  • 道営住宅白鳥台2丁目団地
  • 道営住宅白鳥台1丁目団地
  • 道営住宅白鳥台4丁目団地
  • 道営住宅舟見町団地
  • 道営住宅絵鞆団地
  • 道営住宅大沢町団地
  • 道営住宅祝津団地
  • 道営住宅常盤団地

通信[編集]

  • 市外局番は0143。

交通[編集]

鉄道[編集]

バス[編集]

  • 道南バス - 市内路線、長距離路線ともに手がける。
  • 北海道中央バス - 高速むろらん号(室蘭産業会館・室蘭大谷高校 - 札幌)

タクシー[編集]

  • 室蘭市エリアに所属。初乗り530円(一部会社470円)。

道路[編集]

フェリー航路[編集]

室蘭港に次のフェリー航路が開設され、最盛期には5航路が運航していたが、2008年(平成20年)11月を最後にすべて休・廃止された。

  • 1967年(昭和42) 室蘭-青森間開設 (2008年(平成20年)11月廃止)
  • 1970年(昭和45) 室蘭-大間間開設(1991年(平成3年)11月休止)
  • 1979年(昭和54) 室蘭-八戸間開設(2006年(平成18年)3月休止)
  • 1985年(昭和60) 室蘭-大洗間開設(2002年(平成14年)6月休止)
  • 1990年(平成 2) 室蘭-直江津間開設(1998年(平成10年)9月博多への直行便就航)(2006年(平成18年)12月休止)
  • 1991年(平成 3) 室蘭-大畑間開設(1998年(平成10年)4月休止)

その他[編集]

メディア[編集]

新聞[編集]

テレビ[編集]

民放4局のデジタルテレビ放送中継施設(建設中の様子)

※各局とも送信(中継)場所は測量山にある。アナログテレビの送信施設は各局個別にあるが、地上デジタル放送の送信施設は、HBC、STV、HTB、uhbについては共同で建設される施設からの送信(中継)となる。2011年(平成23年)7月25日以降もNHK室蘭放送局(NHK函館放送局の渡島中継局を含む)とTVhのアナログの施設がそのまま残る。

  • 地上デジタル4chでNHK函館放送局を観る事ができる。

ラジオ[編集]

インターネットラジオ[編集]

フリーペーパー[編集]

  • みてネッと[24]
  • ホームポスト[25]
  • ミットメッセージ

室蘭市を舞台にした作品[編集]

出身有名人[編集]

★印は「室蘭ふるさと大使」任命者[26]

政治家[編集]

官公界・司法界関係者[編集]

経済人[編集]

文化人[編集]

芸能人[編集]

マスコミ関係者[編集]

スポーツ選手[編集]

その他[編集]

ゆかりのある人物[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]

行政
観光