知恵

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

知恵(ちえ、智慧: φρόνησις プロネーシス, : sapientia, : wisdom, : ज्ञान , jñāna)は、道理を判断し処理していくの働き[1]。筋道を立て、計画し、正しく処理していく能力[1]

各分野における知恵[編集]

古代ギリシャ哲学[編集]

古代ギリシャ哲学において、知恵もひとつの重要なテーマとして論じられた。例えば「」と日本語では訳されているものの中に、これに合致する部分も多い。アリストテレスは『ニコマコス倫理学』第6巻述べられているように、実践的な知恵・知慮を「プロネーシス」(phronesis, フロネシス)、完成・完結した智慧を「ソピア」(sophia, ソフィア)として、両者を区別している。

道教[編集]

老子の第十八章には「知恵出でて大偽あり」という表現が見られ、かつて人々が素朴であった時代には、人々は自然に従って生きており平和だったが、後に人間の知恵が進んで、不自然なこと人為的なことが行われたので、大きな偽り(大偽)が生じ、世の中が乱れてしまった、と述べられている。

旧約聖書[編集]

旧約聖書には、アダムイブが、「知恵の実」(知識の実)を食べて性的羞恥心が芽生えた、との描写が見られる。その一方でその「知恵の実」が原因でアダムとイブは楽園を追われた、という描写も見られる。

仏教[編集]

仏教用語における智慧は、物事をありのままに把握し、真理を見極める認識力[1]。「智」は相対世界に向かう働き、「慧」は悟りを導く精神作用の意[1]

大乗仏教では、「論書」(アビダルマ)に表現されているような分析的議論に明け暮れる説一切有部を中心とする部派仏教を批判する形で、『般若経』や龍樹中観派によって、分別的な知恵(ジュニャーナ, jñāna, 若那, 智)を超えた無分別の智慧プラジュニャー, prajñā, 般若, 慧)が釈迦悟りの境地として賞揚され、普及された。したがって、大乗仏教では両者を区別するのが一般的である[2]

「知恵」の語が含まれる表現や事物[編集]

  • 互いに知恵を競い合うことを、「知恵競(くら)べ」(賢(かしこ)争い)という[3]
  • 知恵熱(乳幼児に知恵が付き始めるころに突然起きる発熱の俗称。母親由来の免疫が減少することによって起きる発熱で、「知恵」は時期をあらわすだけで直接の関係は無いとされる。英語ではteething fever。歯が生え始めることから。)
  • 知恵の輪
  • 知恵歯
  • 知恵の駒(正方形の枠の中に16個駒を配置、一駒だけとり除き、その空き地を利用し、1~15の駒を番号順に並べるゲーム)
  • 悪知恵 - 猿知恵 - 知恵袋

脚注[編集]

注釈[編集]

出典[編集]

  1. ^ a b c d 知恵(ちえ)とは - コトバンク”. 朝日新聞社. 2017年10月16日閲覧。
  2. ^ プラジュニャーとは - コトバンク/世界大百科事典
  3. ^ 『広辞苑』 第六版 岩波新書 一部参考。[疑問点 ]

関連項目[編集]