フロネシス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

フロネシス: φρόνησις, phronesis, プロネーシス)とは、古代ギリシア哲学、特にアリストテレスによる哲学的な概念であり、「実践的な知」を示す。

概説[編集]

アリストテレスは『ニコマコス倫理学[1]のなかで、知識を「Σοφια ソフィア(智)」と「φρόνησις フロネシス」の2種類とし、ソフィアとフロネシスを明確に区別している。

アリストテレスは「中庸 (ギリシア哲学)」(メソテース[2])を守ることが大事であると説く。中庸とは、現在日本で一般的に使われる儒教における中庸とは違い、勇敢恐怖と平然)、節制(快楽苦痛)、寛厚と豪華(財貨について)、矜持名誉について)、温和(怒りについて)、親愛真実(正直)機知交際について)を指している。そして中庸を守る徳性をフロネシスであるとする。

日本[編集]

2006年頃から野中郁次郎がフロネシスの重要性を提唱し続けている。科学的知識と実践的知識を融合して、創造的な行動をする能力を指している。「個別具体的な場面のなかで、全体の善のために、意思決定し行動すべき最善の振る舞い方を見出す能力」[3]である。深い倫理[注 1]歴史観、社会観、政治観、的感覚に基づく判断・行動である。そのため個人と社会の成熟が必要とされている。

野中郁次郎は、2011-2012年に福島原発事故独立検証委員会委員として活動したときに、首相官邸[注 2]東京電力福島原発事故への対応を検証し、「失敗の本質」で28年前に指摘した日本軍の失敗の原因である「フロネシスの欠如」を目の当たりにしたとしている。2006年12月に黒川清[注 3]が首相官邸[注 4]で野中の論文[4]を引用したにもかかわらず、そのまま引きずっているからである。
  1. イデオロギーに縛られ、現実的な対処ができなかった。
  2. 同質的メンバーで独善的に対処した。
  3. 官僚制を生かす統合・統制能力の欠如。
野中は、「フロネティック・リーダー」が日本を再生させると考えている。
彼らの持つべき能力として、野中は次の6点を挙げる。
  1. 善い目的を作る
  2. 場をタイムリーに作る
  3. ありのままの現実を直観する
  4. 直観の本質を物語る
  5. 物語を実現する政治力
  6. 実践知を組織化する

脚注・引用[編集]

  1. ^ 全体の善のための倫理があってこその実践的な知であると考える。
  2. ^ 菅直人首相、枝野幸男官房長官
  3. ^ 当時内閣特別顧問。2011-12年に国会の東京電力福島原子力発電所事故調査委員会委員長
  4. ^ 首相は安倍晋三。話をした場である「イノベーション25」プロジェクト担当大臣は高市早苗
出典
  1. ^ 第6巻、邦訳:高田三郎訳『ニコマコス倫理学』(岩波書店、1971年)
  2. ^ Mesotes,英語ではGolden Mean。
  3. ^ 黒川顧問からのメッセージ・第4回「イノベーティブな人」の条件、「フロネシス(Phronesis)」とはなにか?2006/12/11 首相官邸・イノベーション25
  4. ^ イノベーター育成- 知識創造人材を育てる-

参考文献[編集]