ジュニャーナ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
仏教用語
ニャーナ, ジュニャーナ
英語 knowledge
パーリ語 ñāṇa
サンスクリット語 jñāna
中国語 智, 若那
日本語
(ローマ字: chi)
テンプレートを表示

ジュニャーナ: jñāna、若那、智)とは、サンスクリットで物事を分別する知恵知識のこと。パーリ語では、ニャーナ: ñāna)と言う。

バラモン教の伝統では、ウパニシャッドに記されているように、自身の中のアートマン(真我)を探求・分析することで、梵我一如の境地に到達する知恵「アートマ・ジュニャーナ」(Atma jnana)の獲得が目指されてきた。

ジャイナ教では、目指される最高の知識のことを「ケーヴァラ・ジュニャーナ」(Kevala Jñāna)、すなわち「「完全者」(ケーヴァリン)の知恵」と呼ぶ。

大乗仏教においては、般若経龍樹中観派によって、この分別的な「智」である「ジュニャーナ」(若那)を超えた、究極的な無分別の「慧」としての「プラジュニャー」(般若)が、釈迦悟りの境地として賞揚された[1]

脚注・出典[編集]

関連項目[編集]