知々夫国造

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
知々夫国造
No image available.svg
本姓 大伴部氏(嫡流)
家祖 知々夫彦命
種別 神別天神
主な根拠地 知知夫国(のちの武蔵国北西部)
著名な人物 知知夫狭手男
支流、分家 三宅氏
凡例 / Category:日本の氏族

知々夫国造(ちちぶのくにのみやつこ、ちちぶこくぞう)は、のちに武蔵国北西部となる地域(知々夫国)を支配した国造である。

概要[編集]

別名[編集]

  • 知知夫国造
  • 秩父国造

祖先[編集]

氏族[編集]

大伴部氏)。ヤマト王権で軍事を担当していた有力氏族の大伴氏(姓は)や、賀茂氏(初代葛城国造剣根命の兄生玉兄日子命の子孫)とは同祖である(みな知々夫国造の祖先高皇産霊尊の子孫)。

本拠[編集]

のちの武蔵国秩父郡。なお秩父郡の郡衙の場所は不明であるが、秩父郡中村郷があったとされる現在の秩父市中村町が有力な候補地であるという[2]

支配領域[編集]

当時知々夫国と呼ばれていた地域(秩父神社#氏神を参照)を中心とする秩父児玉地域[3])。のちの武蔵国北西部にあたり、現在の埼玉県秩父地方を中心とした地域のことであるといわれる。

秩父が古くから開かれた土地であったことは、のちに同じ令制武蔵国の領域となる地域に設置された国造の中でも知知夫国造がほかの无邪志国造胸刺国造に先んじて定められていることからも分かる。

知々夫国は无邪志国造の支配した无邪志国と合わさって7世紀令制国武蔵国となった。当初武蔵国は東山道に所属していたが、771年東海道に移管された。

氏神[編集]

埼玉県秩父市秩父神社。『先代旧事本紀』の「国造本紀」によれば、知知夫彦命は国造に任命されて大神(祖神である八意思兼命)を祀ったといい、秩父神社はこのことに始まるとされる。これは崇神天皇10年(紀元前87年)のことであるという。また現在は知知夫彦命自身も秩父神社の祭神となっているが、これは知知夫彦命の9世子孫である知知夫狭手男允恭天皇年間(412年-453年)に合わせて祀ったためであるといわれる。秩父神社の祭神は現在も八意思兼命や知知夫彦命などである。

[編集]

  • 国神塚古墳
    知知夫彦命の墳墓であるとされている古墳。埼玉県秩父郡皆野町国神に「国神の大イチョウ[注 1]」というイチョウの大樹があり、埼玉県の天然記念物に指定されている。これは知々父彦命の墓の脇に植えられた樹であるといわれており、かつてはその周辺にも数基の古墳が存在していたといわれている[4]

子孫など[編集]

  • 知知夫狭手男
    第19代允恭天皇の時代の人。知知夫彦命の9世子孫。#氏神を参照。
  • 大伴部赤男
    奈良時代の武蔵国入間の豪族。外従五位下。知々夫国造の末裔と伝わる。
  • 秩父氏(一説)
    桓武平氏良文流の一族。平良文の孫で、桓武天皇6世にあたる平将恒を祖とする。知々夫国造の子孫との説もあり[5]、知々夫国造家の娘と婚姻関係を結び吸収同化することで秩父氏を称した可能性がある。畠山氏、河越氏、江戸氏、渋谷氏、葛西氏など秩父平氏と呼ばれる多くの支流を出している。

関連項目[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ リンクは皆野町ホームページ内。

出典[編集]

  1. ^ 2017年12月26日 午前6時8分(JST)閲覧。
  2. ^ 秩父市の歴史 - 秩父市(2017年12月26日 午前5時8分(JST)閲覧)
  3. ^ 知々夫国造 ( 武蔵 ) - 日本辞典(2018年2月4日午後2時7分(JST)閲覧)
  4. ^ 国神の大イチョウ - 皆野町ホームページ(2018年2月2日午後0時(昼)58分(JST)閲覧)
  5. ^ a b 『姓氏』(監修:樋口清之/著者:丹羽基二秋田書店

参考文献[編集]

  • 『國史大辭典』(吉川弘文館
  • 坂本太郎・平野邦雄『日本古代氏族人名辞典』(吉川弘文館)
  • 『日本史広辞典』(山川出版社
  • 『神道大辞典』(臨川書店)
  • 大伴氏/伴氏【1】 - 日本の苗字7000傑 姓氏類別大観 (日本語)