知々夫国造

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
知々夫国造家
No image available.svg
(家紋)
本姓 大伴部氏嫡流
家祖 知々夫彦命
種別 神別天孫
出身地 武蔵国秩父郡
主な根拠地 武蔵国秩父郡
著名な人物 知知夫狭手男
支流、分家 三宅氏
凡例 / Category:日本の氏族

知々夫国造(ちちぶのくにのみやつこ/ちちぶこくぞう)は、武蔵国西部にあった知々夫国を支配した国造知知夫国造秩父国造とも。知々夫国は令制国の整備にともない、无邪志国造の領域とともに武蔵国となった。知恵の神・八意思兼命が祖先と伝えられる氏族である。

概要[編集]

知々夫国造は、知恵の神・八意思兼命(オモイカネ)を祖先とする。八意思兼命は天孫降臨において皇統直系の神・瓊々杵尊(ニニギ)に伴って地上に降臨し、その子である天表春命・天下春命のうち天下春命が知々夫国造の先祖になったとされる。初代は八意思兼命の十世孫、知知夫彦命(ちちぶひこ の みこと)で、氏族は景行朝の天上腹・天下腹が祖と伝わる大伴部氏

崇神天皇の時代、味見命の子である知知夫彦命を国造に定めたことに始まると言われる。1つの国として独立していた時期もあったが、大化の改新以降は无邪志の領域と合わさり武蔵国になった。国府は現在の東京都府中市にあったという。『先代旧事本紀』の「国造本紀」によれば、崇神天皇10年(紀元前87年)、知知夫彦命が知知夫国の国造に任命されて、祖神である八意思兼命を祀ったとされ、允恭天皇年間(412年-453年)に知知夫彦命の九世子孫・知知夫狭手男が知知夫彦を合わせて祀ったという。知々夫国造が同じ武蔵国の无邪志国造、胸刺国造に先んじて国造に定められていることからも秩父が古くから開かれた土地であったことが分かる。

埼玉県秩父郡にある国神塚古墳は、知知夫彦命の墳墓と伝えられている。

氏神[編集]

秩父神社。祭神は八意思兼命。

子孫[編集]

  • 大伴部赤男 - 奈良時代の武蔵国入間の豪族。外従五位下。知々夫国造の末裔と伝わる。
  • 秩父氏 - 桓武平氏良文流の一族。知々夫国造の子孫との説もある[1]平良文の子孫が、知々夫国造家の娘と婚姻関係を結び吸収同化することで秩父氏を称した可能性もある。

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『姓氏』(監修:樋口清之/著者:丹羽基二秋田書店

参考文献[編集]