檜皮葺

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
檜皮葺(東寺

檜皮葺(ひわだぶき)とは、屋根葺手法の一つで、(ひのき)の樹皮を用いて施工する。 日本古来の伝統的手法で、世界に類を見ない日本独自の屋根工法である。多くの文化財の屋根で檜皮葺を見ることができる。

材料[編集]

樹齢70年以上の充分な樹径のあるの立ち木からむいた皮を成型した檜皮を用いる。 檜皮を取る際、ヒノキを伐採せずに表皮だけを剥がすように採取することから、環境にやさしい施工方法であるといわれる。 しかし、近年は充分な樹径のあるヒノキの減少や、原皮師(もとかわし)と呼ばれる檜皮採取の職人の減少などの課題がある。

歴史[編集]

668年崇福寺(廃寺)諸堂が檜皮で葺かれていた記録[1]が、最古のものである。しかしながらそれ以前から技術としては存在したと思われる。

飛鳥時代より寺院の建築技術のひとつとして瓦葺が伝来し、寺院の建物の多くは瓦葺きが用いられたが、檜皮葺は付属的な建物の屋根に用いられた。

また、奈良時代平安時代では公的な建築物が瓦葺きだったのに対し、私的な建築物では檜皮葺が用いられた。例えば朝廷の公的な儀式の場である大極殿は瓦葺きであったが、天皇の私邸である紫宸殿清涼殿は檜皮葺である。また平安時代以降の貴族の私邸である寝殿造も檜皮葺である。

伝来当初は瓦葺がより格式が高い技法であったが、平安時代以降は国風文化の影響もあり、檜皮葺が屋根葺工法の中で最も格式の高い技法となった。平安時代中期以降は、公的儀式の場も瓦葺の大極殿から、檜皮葺の紫宸殿に移動している。

現在残る技法は、平安時代以降のものと考えられている。

葺きかた[編集]

檜皮を1.2センチメートルずつ、ずらしながら重ねて葺いてゆき、竹釘で檜皮を固定する。 軒先を厚く見せて重厚感をかもし出し、軽快で優美な屋根の曲線を作ることができる。

代表的建築物[編集]

檜皮葺の知恩院大方丈
最近の竣工例。和歌山電鐵貴志川線貴志駅駅舎

 2010年。

檜皮葺関係職人の聞き書き[編集]

  • 日名子元雄「宮川菊治郎氏を想う」、『古建築』第18号、忍冬会(文化財保護委員会事務局建造物課内)、1957年、 35-39頁。全国書誌番号:00026324
  • 服部文雄「「檜皮葺・杮葺」谷上伊三郎(匠の世界)」、『月刊文化財(文化庁文化財保護部監修)』第201号、第一法規出版1980年、 37-41頁、 NAID 40001038832
  • 安井清 「檜皮:村上栄一・小林金治」『聞き書 日本建築の手わざ 第1巻(堂宮の職人)』 平凡社1985年、277-305頁。全国書誌番号:85024788
  • 中沢和彦 「檜皮:いい皮はやっぱり天然のもの 亀山栄一さん」『日本の森を支える人たち』 晶文社1992年、154-166頁。
  • 署名なし「語りべの匠・檜皮採取一筋に65年(上):前田信次さんに聞く」、『古文化』第41号、社団法人全国社寺等屋根工事技術保存会1992年、 2-3頁。全国書誌番号:00114399
  • 署名なし「語りべの匠・檜皮採取一筋に65年(下):前田信次さんに聞く」、『古文化』第42号、社団法人全国社寺等屋根工事技術保存会、1993年、 3-4頁。
  • 署名なし「檜皮を採取して45年 年輪に輝く檜皮人生一代記:大野豊さんに聞く」、『古文化』第53号、社団法人全国社寺等屋根工事技術保存会、1997年、 2-4頁。
  • 署名なし「檜皮を採取して45年 年輪に輝く檜皮人生一代記:大野豊さんに聞く(その2)」、『古文化』第54号、社団法人全国社寺等屋根工事技術保存会、1997年、 4-6頁。
  • 署名なし「檜皮を採取して45年 年輪に輝く檜皮人生一代記:大野豊さんに聞く(最終回)」、『古文化』第55号、社団法人全国社寺等屋根工事技術保存会、1997年、 4-7頁。
  • 関美穂子「文化財修理を支える人びと(11)檜皮葺 村上栄一」、『住と建築』第451号、社団法人全日本建築士会、1998年、 2-9頁。全国書誌番号:00050744
  • 関美穂子「文化財修理を支える人びと(20)原皮師 大野豊」、『住と建築』第460号、社団法人全日本建築士会1998年、 2-11頁。全国書誌番号:00050744
  • 関美穂子「日本で唯一竹釘を製造:石塚商店(文化財修理を支える人びと(11))」、『住と建築』第451号、社団法人全日本建築士会、1998年、 10-11頁。
  • 原田多加司「檜皮葺・杮葺」、『文建協通信』第45号、財団法人全国文化財建造物保存技術協会1998年、 2-17頁。全国書誌番号:00113315

脚注[編集]

  1. ^ 扶桑略記第五 天智天皇七年正月十七日条(『国史大系 第6巻』経済雑誌社、1897年、p.520

関連項目[編集]