ジェームズ・フレイザー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ジェームズ・フレイザー(ナイトに叙された頃)

サー・ジェームズ・ジョージ・フレイザー(Sir James George Frazer, 1854年1月1日 - 1941年5月7日)は、イギリス社会人類学者スコットランドグラスゴー出身。原始宗教や儀礼・神話・習慣などを比較研究した『金枝篇』(The Golden Bough, 1890年 - 1936年)の著者。

生涯[編集]

1854年1月1日、スコットランドのグラスゴーで長老派教会の両親の間に生まれる。父ダニエル・フレイザーは現地では有名なフレーザー・アンド・グリーン商会の有力な役員であり、母はグラスゴーの裕福な商家の出だった。

1869年11月にグラスゴー大学に入学、ギリシア語ラテン語を専攻する。1873年12月にケンブリッジトリニティ・カレッジに入学し、古典学の研究に没頭する。この頃E・B・タイラーの『原始文化』を読んだことと、当時ケンブリッジ大学に在職していたロバートソン・スミスに会ったことが契機となり、古典学から人類学民族学神話学の方向へシフトする。

その後、畢生の大作『金枝篇』を完成させるために半生を費やし、後の研究者に大きな影響を与えることとなる。1914年ナイトに叙され、1920年王立学会評議員、1921年トリニティ・カレッジ評議員、1925年メリット勲位受領。

1896年、42歳の時にフランス人の未亡人リリィ・グローブと結婚した。1941年5月7日にケンブリッジで老衰により死去。

日本語訳[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

参考文献[編集]

関連書籍[編集]

  • ロバート・アッカーマン 『評伝J・G・フレイザー その生涯と業績』 小松和彦監修、玉井暲監訳、法蔵館 2009年2月。ISBN 978-4-8318-7216-6
  • 山田仁史「金の枝を手折りて - フレイザーが遺したもの」『印度学宗教学会.論集』34号: 213−237頁、2007年

関連項目[編集]