西洋古典学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

西洋古典学(せいようこてんがく、英語:classics、classical philology)とは、古典ギリシア語ラテン語で書かれた西洋古典とされる文献を対象とし[1]、人間について多角的に研究する学問分野[2]。その性質上、狭義の文学にとどまらず[1]哲学歴史学、新約聖書学などの一部を含む。

欧米では単に「古典学」(classical studies) と呼称される[2]。主に、「古典古代」と呼ばれる時代にギリシアローマ地域で書かれた文献を研究対象とするが、古代ギリシア語、ラテン語は影響範囲が広く、またラテン語は近代まで使用されたため、研究対象となる文献の作られた地域は、それにとどまらない。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 西洋古典学研究室”. 東京大学文学部・大学院人文社会系研究科. 2018年10月9日閲覧。
  2. ^ a b 西洋古典”. 名古屋大学文学研究科・文学部. 2018年10月9日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]