春日神

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

春日神(かすがのかみ)は、神道である。春日明神または春日権現とも称される。春日大社から勧請を受けた神のことであり、神社の祭神を示すときに主祭神と並んで春日大神などと書かれる。春日神を祀る神社は春日神社などという社名になっており、日本全国に約1000社ある。

春日大社の祭神は以下の四柱の神。

藤原氏中臣氏)の守護神である武甕槌命(鹿島神宮)と経津主命(香取神宮)、祖神である天児屋根命と比売神を祀る。四神をもって春日神と総称される。

春日大社は768年に創建された。それ以前の春日の地では本殿廻廊の西南隅にある、摂社・榎本神社(式内小社)の神が祀られていたとされる。この神は当地の地主神と考えられ、当地に基盤のあった春日氏の氏神とされる。江戸時代に祭神は猿田彦大神になったが、それ以前は巨勢姫明神あるいは巨勢祝という神が祀られていたという。

全国の主な春日神社[編集]


神仏習合[編集]

本地垂迹説では、春日明神の本地仏には不空羂索観音があてられ、観音菩薩の化身とされた。[1]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 羽田守快 『あなたを幸せにみちびく 観音さま ―その教えと信仰の秘訣―』 大法輪閣、2014年、p. 112

関連項目[編集]

外部リンク[編集]