出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

(こう)とは、結社または結社による行事・会合である。

講の原義は「講義」「講読」の「講」であり、寺院内で仏典を講読・研究するの集団を指すものであったが、やがて仏典の講読を中心とする仏事(講会)を指すようになった[1]。それが転じて、民俗宗教における宗教行事を行なう集団、またはその行事・会合を指すようになった。さらに転じて、相互扶助的な団体や会合のことを意味することもある。

このように「講」という名称で呼ばれる対象は多岐に渡っている。

原義とその変遷[編集]

講の名の入った提灯をぶら下げた大峰山洞川温泉の旅館の店先。

平安時代に貴族たちのあいだで法華信仰が高まり、彼らの出資によって豪華絢爛な仏教儀礼である法華八講が盛んに行われるようになった。これを契機として世俗のあいだで仏典研究から離れた信仰的な会合である「講」が行われるようになった(報恩講など)[1]。この「講」が中世ごろから民間に浸透する過程で、様々な信仰集団に「講」という名称がつけられるようになった。信仰集団としての講には、地域社会の中から自然発生的に生まれたものと、外部からの導入によるものとがある。

前者の講は、氏神・産土といった地域の神を信仰する氏子によって、その神祠の維持のために運営されるものである。社格の高い神社の講では、「村」の範囲を超えて広い範囲に構成員を持つものもある。「講」の組織が強化されるのが、戦国時代のことである。講元は国人地侍等があたり、また講元自身が地侍化した。浄土真宗の「講」の組織によって加賀一向一揆などが行われた。「講」という組織上、半民主的な政治が行われた。講は講社ともいい、講の構成員を講員という。講の運営にあたっては講元(こうもと)、副講元、世話人などの役員を置き、講員の中から選任され、講の信仰する寺社から委嘱されるのが通常である。一方、山の神鎮守神などの土俗的な信仰講では、族縁集団、地縁集団がそのまま講の構成員となるため、純粋な宗教結社の体を取らない場合もあった[1]

外部からの導入による講は、当初は山岳信仰に関するものであった。立山などの修験者が霊山への登山を勧めて全国を廻り、各地に「参拝講」が作られた。それにならって各地の神社・寺院へ参拝するための数多くの講も作られるようになった。これらの参拝講では、講の全員が参拝に行く「総参り」もあったが、多くは講の中から数人を選び、代表して参拝する「代参講」が行われていた。相互扶助団体(頼母子講無尽講)への転用は、この代参講から派生したものである。すなわち、皆で金を出しあって参拝に行くのではなく、その金をくじや入札によって構成員に融通するというものである。また、講には信仰のための講と併存する形で「仕事仲間の講」(モヤイ講、ユイ講など)や、「年代別、性別の講」(若衆講、カカ講など)など多種多様な講が存在した[1]。これらの講は共同体の構成員にとっては加入を義務付けられる性格のものだったが、遊びを目的とした自由参加の「遊山講」などもあった。

主要な講[編集]

仏教行事としての講[編集]

民俗宗教における講[編集]

地縁的祭祀集団[編集]

天体・暦

自然

神仏・人物

参拝講[編集]

特殊なもの[編集]

相互扶助・会合としての講[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d 関口 2006, pp. 81-96.

参考文献[編集]

  • 関口博巨、福田アジオ(編)、2006、「講と日待」、『結衆・結社の日本史』、山川出版社〈結社の世界史〉 ISBN 4634444100

関連項目[編集]