竹寺

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
竹寺(たけでら)
竹寺.JPG
本尊「牛頭天王」
所在地 埼玉県飯能市大字704番地
位置 北緯35度53分24.3秒
東経139度11分32.4秒
座標: 北緯35度53分24.3秒 東経139度11分32.4秒
山号 醫王山
(医王山)
院号 藥壽院
(薬寿院)
宗旨 天台宗
本尊 牛頭天王
創建年 天安元年(857年
開基 円仁(慈覚大師)
正式名 醫王山藥壽院八王寺
(医王山薬寿院八王寺)
別称 竹寺
札所等 武蔵野三十三観音霊場結願所)
地図
竹寺の位置(埼玉県内)
竹寺
法人番号 8030005014662
テンプレートを表示

竹寺(たけでら)は、埼玉県飯能市大字にある天台宗寺院である。正式名称は医王山 薬寿院 八王寺(いおうざん やくじゅいん はちおうじ)。神仏習合の寺として知られている。 武蔵野三十三観音霊場第33番札所。本尊は牛頭天王本地仏薬師如来)。

歴史[編集]

天安元年(857年)に円仁(慈覚大師)が東国巡礼の際、病人が多いのを憐み、この地に道場を造り、大護摩の秘法を修したのが開山とされる。

本尊は牛頭天王、本地仏は薬師如来としているが明治維新神仏分離から免れ、神仏習合の寺となっている。

境内[編集]

牛頭天王・本坊・三十三番結願堂(観音菩薩)・本地堂瑠璃殿)・弁天堂医王稲荷社・水屋・奥の院・鳥居・石燈籠など。境内地11,768m2。牛頭天王社の標高は490m。登山で訪れる者も多い。本殿にあたる牛頭天王社は1999年焼失したが2003年に再建された[1]。本殿内には木造牛頭天王坐像と八王子(牛頭天王の八人の童子)が祀られており、12年に一度、丑年に開帳される(前回開帳は2009年3月15日から同年12月15日まで)。

奥武蔵俳句寺[編集]

境内には、中谷孝雄秋元不死男松原地蔵尊などの句碑や絵馬が多くあり、秋元不死男が新聞紙上で「奥武蔵俳句寺」と評して以来、その異名がある。

茅の輪[編集]

登り口の鳥居に茅の輪が設けられている。また、木製の蘇民将来の護符を授与している。両者とも蘇民将来伝説に関係し、厄除けとされている。

文化財[編集]

行事[編集]

付近の山、寺社[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 歴史と本尊”. 2015年1月4日閲覧。

外部リンク[編集]