白虎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
白虎(高松塚古墳の壁画)。
三垣
太微垣 紫微垣 天市垣
二十八宿
四象
東方青龍
角宿 亢宿 氐宿 房宿
心宿 尾宿 箕宿  
北方玄武
斗宿 牛宿 女宿 虚宿
危宿 室宿 壁宿  
西方白虎
奎宿 婁宿 胃宿 昴宿
畢宿 觜宿 参宿  
南方朱雀
井宿 鬼宿 柳宿 星宿
張宿 翼宿 軫宿  
近南極星区
元禄中所名星座

白虎(びゃっこ、拼音: báihŭ パイフー)は、中国の伝説上の神獣である四神の1つで、西方を守護する。は、五行説では西方の色とされる。

文献上は『礼記』曲礼上や『淮南子』天文訓に載せる。なお、漢代の文献には西方を白虎としないものもあり、『礼記』礼運では虎のかわりに麒麟を四霊にあげている[1]。また『史記』では西方を白虎でなく咸池とする[2]

細長い体をした白い虎の形をしている。また、四神の中では最も高齢の存在であるとも言われている。(逆に、最も若いという説もある)

中国天文学では、周天を天の赤道帯に沿って4分割した1で、二十八宿のうち西方七宿()を総称して白虎とした。

俳句において季語である「白帝」と同義であり、秋(西・白)の象徴である。

地名[編集]

東京都港区虎ノ門にはかつて門があり、江戸時代江戸城西に位置したため、白虎にちなんで虎ノ門と呼ばれたという[3]

ホワイトタイガー[編集]

ホワイトタイガー

いわゆる四神四獣は伝説上の生物とされているが、白変種による白い虎はホワイトタイガーとして実在する。

脚注[編集]

  1. ^ 『礼記』礼運「麟・鳳・亀・龍、謂之四霊。」
  2. ^ 『史記』天官書「東宮蒼龍…南宮朱鳥…西宮咸池…北宮玄武」
  3. ^ 『虎ノ門(とらのもん)』 港区公式ホームページhttp://www.city.minato.tokyo.jp/kouhou/kuse/gaiyo/chimerekishi/39.html 

関連項目[編集]