四凶

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

四凶(しきょう、Si-xiong)とは、古代中国の舜帝に、中原の四方に流された四柱の悪神

書経』と『左伝』に記されているが、内容は各々異なる。四罪と同一視されることが多いが、左伝に記されているものが一般的である。

『左伝』における四凶[編集]

春秋左氏伝』文公18年には、以下の四凶について述べている。

  • 大きな犬の姿をした「渾沌」(こんとん)
  • 羊身人面で目がわきの下にある「饕餮」(とうてつ)
  • 翼の生えた虎「窮奇」(きゅうき)
  • 人面虎足で猪の牙を持つ「檮杌」(とうこつ)

『書経』における四凶[編集]

書経』に記されているものは四罪とすることが多い。

参考文献[編集]

  • 白川静 『中国の神話』 中公〈文庫〉、1980年。

関連項目[編集]