中原

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
中原
冬の華北平原

中原(ちゅうげん)は中華文化の発祥地である黄河中下流域にある平原のこと。狭義では春秋戦国時代の王都があった現在の河南省一帯を指していたが、後に漢民族の勢力拡大によって広く黄河中下流域を指すようになり、河南省を中心として山東省の西部から、河北省山西省の南部、陝西省の東部にわたる華北平原を指すようにもなった。

古代でいわゆる「中国」や「中州」、「中土」と同義で、異民族から隔てられる文明の中心地という意味があった。その後、南方へと発展していった漢族にとって中原は民族の発祥の地とされてきた。また、周王のいたこの地域は権力の象徴とみられることがあり、即ち覇権争いの場、または覇権そのものを指す言葉として用いられ、魏徴の詩から「中原に鹿を逐う」という成語が生まれた。

中国の大衆小説である武侠小説の世界においては、武林の覇権を争う場、もしくは世界の中心となる場、という意味で用いられることがある。

中原という用語に対して、「関中」という用語は黄河の函谷関より上流域と黄河に流れ込む渭水流域を指し(現在の中心都市は西安)、西周の故地で、両用語共に黄河文明に属し、長江文明に対する。

李氏朝鮮文人儒学者である林悌は、病死する際に、歴史上長城外の四夷だけでなく、西南のチベット吐蕃でさえ中原を一度は征服するか、中原に脅威を与えているのに、朝鮮だけは中原の脅威になったことすらなく、朝鮮は大中華に君臣の礼、君父に忠のみである、と慷慨し、悲嘆にくれながら死んだ[1][2][3][4]


四海諸國, 未有不稱帝者, 獨我邦終古不能, 生於若此陋邦, 其死何足惜。

四夷八蛮が皆中原に入ったのにただただ朝鮮だけできずにいる。こんな情けない国に長生きしていてもどうにもならない[4] — 林悌、星湖僿說

脚注[編集]

  1. ^ 林濬哲 北京大学比較文学與比較文化研究所招聘学者 (2005年). “조선중기 漢詩에서의 典型 意象의 계승과 美感의 확충(Ⅱ)”. 語文硏究 제33권 제3호(2005년 가을): p. 358. オリジナルの2018年3月4日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20180304113203/http://www.hanja.re.kr/kles/kePaper/prcDwnPaper.asp?idx=1902. "李瀷「星湖僿説」卷九, 「人事門」, 국역 성호사설(1976), pp.22~23. 「善戲謔」, “林白湖悌, 氣豪不拘檢, 病將死, 諸子悲. 林曰,‘四海諸國, 未有不稱帝者, 獨我邦終古不能, 生於若此陋邦, 其死何足惜.’命勿哭. 又常戲言,‘若使吾値五代六朝, 亦當爲輪遞天子.’ 一世傳笑.”" 
  2. ^ “朝鮮半島歷史上第一個帝國,朝鮮半島歷史上第一個帝國大韓帝國”. 奧推網. (2021年5月5日). オリジナルの2021年7月29日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20210729085855/https://eotui.com/culture/96704.html 
  3. ^ “정천구의 도덕경…민주주의의 길 <565> 不稱帝者 스스로 황제라 일컫지 못한 나라”. 国際新聞. (2020年1月7日). オリジナルの2020年1月8日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20200108161509/http://www.kookje.co.kr/news2011/asp/newsbody.asp?code=2000&key=20200108.22021001604 
  4. ^ a b 黄文雄 『もしもの近現代史』扶桑社、2013年8月31日、72頁。ISBN 978-4594068738 

関連項目[編集]