黒竜

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

黒竜(こくりゅう、拼音: hēilóng ヘイロン)は、中国日本神話に登場するの一種。名前通り全身のが黒く、前足が2本しかない東洋の竜として描かれる事が多い。驪竜(りりょう)とも呼ばれ、これは顎の下に貴重な珠を持っているともされる。多くの竜は、神聖なる存在として描かれることが多いが、黒竜の場合は、そのイメージから災いをもたらす邪悪の化身として描かれることが多く、白竜などの竜とは敵対関係にあったといわれている。

黒竜は、を苦手としているため、普段は光が照らされることすらない深い海底で孤独に棲みついており、光の無い新月のみ、その姿を海底から現す。このことからも、黒竜は、またはを司る存在としても描かれていることが多く、海に住む魚達を乱獲する者達には罰を与え、海底に引きずり込むといわれている。

一部の地域では、黒竜を他の竜同様に、神聖な存在として祀ってもいる。五行思想においては、と同じくに対応するので、黒竜を玄武と同様、「北方を守護する神聖な竜」としている異説がある。

また、日本の絵画などでは墨汁を使う関係もあり、黒い龍の姿は数多くみられる。他にも伝承における龍は暗がりなどの沼・池に住むことも多いため、黒い姿で形容されることも多い。

高龗(たかおかみ)のことを黒龍とすることもある。

道教における人格神化した名前では、北海黒龍王敖順と呼ばれる[要出典]

関連項目[編集]