赤竜

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
赤竜
「竜宮に住む赤龍王の娘のひとり」歌川国芳

赤龍(せきりゅう、拼音: chìlóng チーロン)は、主に中国日本等、アジア方面の神話にて登場するの名称の一つである。南方赤竜。紅竜とも呼ばれる。名称通り、全身のが真っ赤で、太陽火山から生まれたと言われており、口からはを吐き出す。燭陰は赤龍の代表ともいえる。

五行思想においては、を位置するものな為、赤龍を朱雀と同様、『南方を守護する神聖な龍』としている異説がある。

道教における人格神化した名前では、南海赤龍王敖欽と呼ばれる[要出典]

前漢を建国した劉邦には、眠っている母の体の上に赤龍が乗った後に彼が生まれた、つまり赤龍の子だという言い伝えがある。(詳細は「劉邦」の項目を参照)

山梨県身延山の奥の院、七面山七面天女が紅龍の化身だという。奥の院には影嚮石(ようごうせき)という七面天女由来の磐座があり、その周りを回りながら願い事をするとよいという。

関連項目[編集]