八王子権現

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

八王子権現(はちおうじごんげん)は近江国牛尾山(八王子山)の山岳信仰天台宗山王神道が融合した神仏習合の神であり、日吉山王権現もしくは牛頭天王(ごずてんのう)の眷属である8人の王子を祀った。神仏分離廃仏毀釈が行われる以前は、全国の八王子社で祀られた。三十番神の1神。

由来[編集]

音羽山の支峰である牛尾山は、古くは主穂(うしお)山と称し、家の主が神々に初穂を供える山として信仰された[1]。牛尾山の山頂にあった牛尾宮比叡山延暦寺鎮守であった日吉山王権現21社の一つで、山王[2]の王子である8人の眷属神が八王子権現として祀られ、千手観音菩薩本地仏とした。また牛忌み[3]祇園精舎の守護神である牛頭天王頗梨采女(はりさいにょ)との間に設けた8人の王子かつ眷属神が八王子権現との信仰も発展した。

牛尾宮(現・牛尾神社) 

概要[編集]

日吉山王権現、あるいは牛頭天王の8人の眷属神は八方の各方位を司るとされた。塞神信仰や陰陽道の影響で、病気や災厄を免れるご利益をもたらすと信じられた。

平家物語には、比叡山の呪詛によって八王子権現の神矢に倒れた関白藤原師通の説話が登場する。

廃仏毀釈[編集]

明治維新の神仏分離・廃仏毀釈によって、日吉山王権現・牛頭天王(祇園信仰)とともに八王子権現も廃された。

八王子社の多くは、日吉八王子神社八王子神社牛尾神社、などと名乗っている。

脚注[編集]

  1. ^ 京都市観光文化情報システム - 牛尾山法厳寺
  2. ^ 最澄が入して天台教学を学んだ天台山国清寺では、霊王の王子晋が神格化された道教の地主山王元弼真君が鎮守神として祀られていた。
  3. ^ 司馬遷史記にある鶏口牛後の故事に倣う。

関連項目[編集]