霊王 (周)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
霊王
第23代王
王朝
在位期間 前572年 - 前545年
都城 王城(洛邑)
姓・諱 姫泄心
生年 不詳
没年 前545年
簡王
后妃 斉姜

霊王[1](れいおう、? - 紀元前545年)は、中国春秋時代の王。姓は姫、名は泄心。

生涯[編集]

周の簡王の子として生まれた[2]紀元前572年9月、簡王が死去する[3]と、霊王は即位した[2]

紀元前568年、霊王は王叔陳生をに派遣して、周室が戎に圧迫されていると訴えさせた。晋は王叔陳生を拘束した[4]

紀元前563年、王叔陳生と伯輿が政権を争ったが、霊王は伯輿に味方した。王叔陳生は晋に亡命した[5]

紀元前561年、霊王はに王后を出すよう求めた[6]

紀元前552年、晋の欒盈が成周を通過したとき、成周の西郊で略奪に遭った。欒盈が周の行人に訴えると、霊王は司徒に命じて略奪品を返還させ、欒盈を送り出させた[7]紀元前549年、斉に郟を築城させた[8]紀元前547年、晋の韓起と面会した[9]

紀元前545年11月癸巳、霊王は死去し[10]、子の姫貴(景王)が即位した[2]

霊王の子に太子晋中国語版王子佞夫中国語版・姫貴(景王)・姫還・姫姑・姫溌・姫弱・姫鬷・姫延・姫定・姫稠・姫趙車らがいたが、その多くは戦乱に巻き込まれて殺害された。

脚注[編集]

  1. ^ 史記集解』周本紀所引『皇覧』によると、霊王は生まれたときから髭があり、神々しかったことから、を霊王としたという。
  2. ^ a b c 史記』周本紀
  3. ^ 春秋』襄公元年
  4. ^ 春秋左氏伝』襄公5年
  5. ^ 『春秋左氏伝』襄公10年
  6. ^ 『春秋左氏伝』襄公12年
  7. ^ 『春秋左氏伝』襄公21年
  8. ^ 『春秋左氏伝』襄公24年
  9. ^ 『春秋左氏伝』襄公26年
  10. ^ 『春秋左氏伝』襄公28年