読経

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
黄檗宗の読経

読経とは、仏教徒経典読唱すること。

「どきょう」「どくきょう」「どっきょう」などと読み慣わしている。多くの僧侶が声をそろえて読経する場合は「諷経(ふうぎん)」とも言う。 「読誦」ともいうが、「読経」は経文を見ながら読唱すること、「誦経」は経文を暗誦することである[1]

概要[編集]

経典の読誦は、本来、経典の意義を理解し実践するため、また経典を記憶し流布するためのものであったが、大乗仏教になると、しばしば「読誦」そのものに修行呪術といった宗教的意義を認めるようになった[1]。読経は音韻を研究する悉曇学声明へと発展し、読経を専らとする読経僧のうち秀でた僧は能読と呼ばれ僧俗ともに尊敬を集めた。

  • また中国・日本では、死者供養・祈雨(きう)(雨乞〈あまごい〉、請雨〈しょうう〉)・鎮護国家(ちんごこっか)などを目的とする経の読誦も行われた[2]

経の読み方[編集]

読経は以下のような方法で行われるが、宗派に認められていない民俗的な読経も存在すると考えられる[3]木魚太鼓などの打ち物で拍子を取る場合もある。

直読
「雨滴曲」と呼ばれるように最初から最後まで同じリズムで読み通すものと、天台宗の「眠り節」のように「曲節」と呼ばれるを付けた読み方がある。
訓読
経文を訓読みで読誦する。
転読
略読ともいい、経題と中間の数行と巻末を読み上げることで一巻読み終わったとする読み方。読み終えた折り本をアーチ状に繰るなど儀礼の場で用いられ、所作やどの部分を読むかは宗派によって異なる。修験道密教の七五三読みも転読の一種である。

その他に、外に声を発さず内に響かせ読誦する「無音」や、読誦しながら道場を巡る「行道」、羽黒修験道で行われる経典を後ろから読む「逆さ経」などがある。

脚注[編集]

  1. ^ a b 藤山 2001, pp. 52-55.
  2. ^ 藤山 2001, pp. 92-112.
  3. ^ 藤山 2001, pp. 73-76.

参考文献[編集]

  • 清水真澄 『読経の世界:能読の誕生』 吉川弘文館〈歴史文化ライブラリー〉、2001年ISBN 4642055215 

関連項目[編集]