廷臣八十八卿列参事件

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
この項目に含まれる文字は、オペレーティングシステムブラウザなどの環境により表示が異なります。

廷臣八十八卿列参事件(ていしんはちじゅうはちきょう れっさんじけん)は、1858年安政5年)に日米修好通商条約締結の勅許打診を巡って発生した、公家による抗議行動事件である。

経緯[編集]

日米修好通商条約締結にあたり、幕府は水戸藩を中心とした攘夷論を抑えるために孝明天皇の勅許を得ることにし、老中堀田正睦が参内することとなった。しかし安政5年3月12日(1858年4月25日)に関白九条尚忠が朝廷に条約の議案を提出したところ、岩倉具視中山忠能ら合計88名の堂上公家が条約案の撤回を求めて抗議の座り込みを行った。これに続いて、官務壬生輔世出納平田職修より地下官人97名による条約案撤回を求める意見書が提出された。

その結果孝明天皇は条約締結反対の立場を明確にし、20日には参内した堀田に対して勅許の不可を下し、以後条約の勅許を頑強に拒否することとなった。

勅許を得られなかった責任を取る形で堀田正睦は老中辞職に追い込まれた他、九条尚忠も内覧職権を一時停止された。幕府は井伊直弼主導のもとに88人の当事者の処罰に動き、公家側から多くの処罰者が出ることとなる。

歴史的背景及び意義[編集]

江戸時代、公家社会は禁中並公家諸法度以後の諸法令によって、江戸幕府が派遣する京都所司代による強圧的な統制下に置かれていた。更に、五摂家武家伝奏となったごく一握りの者以外、公家の大多数は経済面においても内職をして収入を得なければならないほど苦しい状況に置かれていた。

条約の勅許を打診されたことを契機に、中・下級の公家たちの江戸幕府に対する政治的・経済的な鬱屈が、抗議活動の形で爆発することとなった。彼等の動きによって勅許阻止が実現したことは江戸幕府の権威失墜を招く結果となり、これ以降、朝廷幕末において重要な役割を果たす契機になったといえる。

八十八卿[編集]

  • 本事件に関与した廷臣八十八卿は以下の通り( → Category:廷臣八十八卿 も併せて参照)。
  • 「対象者」の列のソートボタンで元の順序に戻る。
  • 「年齢」および「官位」は当時のもの。また、年齢は数え年
対象者
名前の読み
年齢
官位
備考
01-中山忠能 なかやま ただやす[1] 50歳 02-00/正二位権大納言
02-大炊御門家信 おおいのみかど いえこと[1] 41歳 02-00/正二位・権大納言
03-正親町三条実愛 おうぎまちさんじょう さねなる[1] 39歳 02-00/正二位・権中納言
04-五条為栄 ごじょう ためしげ[1] 55歳 02-10/従二位・前権中納言
05-今城定章 いまき さだあき[1] 62歳 03-00/正三位・前権中納言
06-庭田重胤 にわた しげたね[1] 38歳 03-00/正三位・参議・右近衛中将
07-野宮定功 ののみや さだいさ[1] 44歳 03-10/従三位・参議・左近衛中将 維新史料綱要データベースでは、今城の家名となっているが、公卿補任から野宮とすべきを誤記か。[2]
08-堀河康親 ほりかわ やすちか[1] 62歳 02-10/従二位・前参議
09-柳原光愛 やなぎはら みつなる[1] 41歳 04-01/正四位上・前参議
10-舟橋在賢 ふなはし あきかた[1] 55歳 02-00/正二位・非参議
11-西洞院信堅 にしのとういん のぶかた[1] 55歳 03-00/正三位・左兵衛督
12-大原重徳 おおはら しげとみ[1] 58歳 03-00/正三位・非参議
13-町尻量輔 まちじり かずすけ[1] 57歳 03-00/正三位・大宰大弐
14-愛宕通祐 おたぎ みちやす[1] 60歳 03-00/正三位・非参議
15-三室戸陳光 みむろど かたみつ[1] 54歳 03-00/正三位・非参議
16-藤波教忠 ふじなみ のりただ[1] 36歳 03-00/正三位・祭主・
神祇大副・伊勢権守
17-豊岡随資 とよおか あやすけ[1] 45歳 03-00/正三位・非参議
18-五辻高仲 いつつじ たかなか[1] 52歳 03-00/正三位・非参議
19-持明院基政 じみょういん もとまさ 49歳 03-00/正三位・非参議
20-今出川実順 いまでがわ さねあや[1] 27歳 03-00/正三位・右近衛権中将
21-倉橋泰聡 くらはし やすとし[1] 44歳 03-00/正三位・治部卿
22-吉田良煕 よしだ よしひろ 49歳 03-00/正三位・神祇権大副
23-清岡長煕 きよおか ながてる[1] 45歳 03-00/正三位・式部権大輔
24-飛鳥井雅典 あすかい まさのり[1] 34歳 03-00/正三位・侍従
25-石井行光 いわい ゆきてる[1] 44歳 03-00/正三位・非参議
26-桑原為政 くわはら ためまさ[1] 44歳 03-00/正三位・非参議
27-岩倉具慶 いわくら ともやす[1] 52歳 03-00/正三位・非参議
28-久世通煕 くぜ みちさと 41歳 03-00/正三位・非参議
29-澤為量 さわ ためかず 47歳 03-00/正三位・非参議
30-西四辻公恪 にしよつつじ きみつむ[1] 47歳 03-00/正三位・非参議
31-武者小路実建 むしゃのこうじ さねたけ[1] 49歳 03-00/正三位・非参議
32-六条有容 ろくじょう ありおさ[1] 45歳 03-00/正三位・非参議
33-平松時言 ひらまつ ときこと 36歳 03-00/正三位・非参議
34-花山院家理 かさんのいん いえさと[1] 20歳 03-00/正三位・左近衛権中将
35-交野時晃 かたの ときあき 41歳 03-10/従三位・非参議
36-長谷信篤 なか/ながたに のぶあつ[1] 41歳 03-10/従三位・非参議
37-唐橋在光 からはし ありてる[1] 32歳 03-10/従三位・文章博士
38-堀河親賀 ほりかわ ちかよし[1] 37歳 03-10/従三位・非参議
39-清水谷公正 しみずだに きんなお[1] 50歳 04-02/正四位下・右近衛権中将
40-櫛笥隆韶 くしげ たかつぐ[1] 36歳 04/四位・右近衛権中将
41-鷲尾隆賢 わしお たかかた 19歳 04/四位・右近衛権中将?
42-錦織久隆 にしごり ひさなか[1] 39歳 04/四位・中務大輔
43-阿野公誠 あの きんみ 41歳 04-02/正四位下・左近衛権中将
44-滋野井実在 しげのい さねあり 33歳 04/四位・左近衛権中将?
45-梅渓通善 うめたに みちたる[1] 38歳 04-02/正四位下・右近衛権少将
46-東園基敬 ひがしぞの もとゆき[1] 39歳 04-02/正四位下・左近衛権少将
47-今城定国 いまき さだくに[1] 39歳 04-02/正四位下・右近衛権少将
48-高松保実 たかまつ やすざね[1] 42歳 04-02/正四位下・大膳権大夫
49-武者小路公香 むしゃのこうじ きんか[1] 31歳 04/四位・侍従
50-西大路隆意 にしおおじ たかもと[1] 39歳 04/四位・左近衛権少将
51-河鰭公述 かわばた きんあきら[1] 40歳 04/四位・侍従
52-土御門晴雄 つちみかど はれたけ[1] 32歳 04-02/正四位下・
右兵衛権佐・陰陽頭
53-三条西公允 さんじょうにし きんあえ[1] 19歳 04/四位・右近衛権少将
54-石山基文 いしやま もとふみ[1] 32歳 04-02/正四位下・左京権大夫 維新史料綱要データベースでは、石川の家名となっているが、公卿補任から石山とすべきを誤記か。[2]
55-慈光寺有仲 しこうし/じこうじ ありなか[1] 29歳 04-02/正四位下・右馬頭
56-交野時万 かたの ときつむ[1] 27歳 04-02/正四位下・少納言・侍従
57-千種有文 ちぐさ ありふみ[1] 44歳 04-12/従四位下?・左近衛権少将
58-小倉輔季 おぐら すけすえ[1] 35歳 04/四位・侍従
59-難波宗礼 なんば むねあや[1] 27歳 04/四位・侍従
60-愛宕通致 おたぎ みちずみ[1] 31歳 04-02/正四位下・右京権大夫
61-植松雅言 うえまつ まさこと[1] 33歳 04/四位・弾正少弼
62-舟橋康賢 ふなはし みちかた[1] 18歳 04-11/従四位上・少納言・
侍従・明経博士
63-東坊城夏長 ひがしぼうじょう なつなが 23歳 04/四位・少納言
64-岩倉具視 いわくら ともみ[1] 34歳 04-11/従四位上・侍従
65-堀河康隆 ほりかわ やすたか[1] 23歳 04/四位・刑部大輔
66-倉橋泰顕 くらはし やすてる[1] 24歳 04-11/従四位上・左馬頭
67-勧修寺顕彰 かじゅうじ あきてる[1] 45歳 04/四位・右中弁
68-石野基佑 いわの もとすけ[1] 24歳 04/四位・治部大輔
69-穂波経度 ほなみ つねのり[1] 22歳 04-12/従四位下・左京大夫
70-吉田良義 よしだ なかよし[1] 22歳 04-12/従四位下・侍従
71-芝山弘豊 しばやま ひろとよ 22歳 民部大輔 のち、敬豊と諱を改める。
72-裏辻公愛 うらつじ きんよし[1] 38歳 侍従
73-中御門経之 なかみかど つねゆき[1] 39歳 05-01/正五位上・
右中弁検非違使右衛門権佐
74-山本実政 やまもと さねのり[1] 33歳 05/五位
75-四条隆謌 しじょう たかうた 31歳 05-02/正五位下・無官
76-園基祥 その もとさち[1] 26歳 05/五位
77-持明院基和 じみょういん もとまさ 25歳 05/五位
78-梅渓通治 うめたに みちとう[1] 28歳 05/五位
79-勧修寺経理 かじゅうじ つねおさ[1] 34歳 05/五位
80-六条有義 ろくじょう ありよし[1] 30歳 05/五位
81-葉室長邦 はむろ ながくに[1] 21歳 05/五位
82-橋本実梁 はしもと さねやな[1] 25歳 05/五位
83-姉小路公知 あねがこうじ きんさと[1] 20歳 05-02/正五位下・無官 指導者
84-千種有任 ちぐさ ありとう[1] 23歳 05/五位
85-錦小路頼徳 にしきこうじ よりとみ[1] 24歳 05-11/従五位上?・大和権介
86-西四辻公業 にしよつつじ きみなり[1] 21歳 05/五位
87-澤宣嘉 さわ のぶよし 24歳 05-11/従五位上・主水正
88-岩倉具綱 いわくら ともつな[1] 18歳 05/五位

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y z aa ab ac ad ae af ag ah ai aj ak al am an ao ap aq ar as at au av aw ax ay az ba bb bc bd be bf bg bh bi bj bk bl bm bn bo bp bq br bs bt bu bv 『平成新修旧華族家系大成』(霞会館発行)によるふりがな
  2. ^ a b 東京大学史料編纂所データベース:維新史料綱要データベースより採取。

関連項目[編集]