西洞院家

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
西洞院家
家紋
揚羽蝶
本姓 桓武平氏高棟王流嫡流
家祖 西洞院行時
種別 公家半家
華族子爵
出身地 山城国
主な根拠地 山城国
著名な人物 西洞院時慶
支流、分家 平松家名家
石井家半家
長谷家(名家)
交野家(名家)
凡例 / Category:日本の氏族

西洞院家(にしのとういんけ)は、高棟王流桓武平氏の流れをくむ公家高棟王から17世の孫にあたる南北朝時代正三位参議西洞院行時(1324–1369年)を祖とする堂上家。家格は半家

戦国時代従三位左兵衛督西洞院時当(ときまさ、1531–1566年)の代で中絶。その後河鰭家から飛鳥井雅綱の孫である従二位参議・西洞院時慶が入り、その子供からは平松家長谷家交野家が分家している。

権大納言となった西洞院時成(1645–1724年)及び権中納言となった西洞院信堅(1804–1891年)を除き、歴代当主の極位極官は従二位参議だった。それでも西洞院家の女子の多くは後宮に勤めているほか、歴代当主の多くは日記を記しており、特に西洞院時慶が綴った『時慶卿記』は豊臣政権から江戸幕府創設期にかけての宮中や公家社会の様子を知る上での貴重な史料となっている。

江戸時代の家禄は273石、後に260石。明治維新後は西洞院信愛子爵に叙せられた。

系図[編集]

脚注[編集]

参考文献[編集]

  • 橋本政宣編『公家事典』吉川弘文館、2010年。
  • 霞会館華族家系大成編輯委員会『平成新修旧華族家系大成』下巻、霞会館、1996年。
  • 近藤敏喬編『宮廷公家系図集覧』東京堂出版、1994年。