西洞院時直

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
 
西洞院時直
時代 安土桃山時代 - 江戸時代前期
生誕 天正12年(1584年
死没 寛永13年10月9日1636年11月6日
改名 時康(初名)→時直
別名 時興
官位 従二位参議
主君 後陽成天皇後水尾天皇明正天皇
氏族 西洞院家
父母 父:西洞院時慶
兄弟 時子時直平松時庸、善忠、日勇、長谷忠康交野時貞、万、中和門院女房、新上東門院新中納言局、行子、姉小路公景
正室:川勝秀氏の娘
日勇時良、綾小路局[1]本多政重継室、藤堂吉正室、一条昭良側室、千秋季信
テンプレートを表示

西洞院 時直(にしのとういん ときなお)は、安土桃山時代から江戸時代前期にかけての公家歌人参議西洞院時慶の長男。官位従二位・参議。西洞院家27代当主。後水尾天皇の側近。

経歴[編集]

天正13年(1585年)叙位。

天正20年(1592年)、元服し、従五位上侍従となる。少納言右衛門督を経て、寛永3年(1626年)参議。寛永8年(1631年)、従二位となった。

歌人としても知られ、『参議時直卿集』が現存している。

脚注[編集]

  1. ^ 東福門院上臈