西洞院時慶

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
 
西洞院 時慶
Nishinotouinn Tokiyoshi.jpg
時代 安土桃山時代 - 江戸時代初期
生誕 天文21年11月5日1552年11月30日
死没 寛永16年12月20日1640年2月11日
改名 河鰭 公虎 → 西洞院 時通 → 西洞院 時慶 → 円空(法名
別名 平宰相、松庵
官位 従二位参議
主君 正親町天皇後陽成天皇後水尾天皇
氏族 西洞院家桓武平氏高棟王流嫡流
父母 父:覚澄飛鳥井家 安居院僧正)、母:素性不詳
養父:河鰭季富飛鳥井雅春西洞院時当、養母:素性不詳
葛岡玄仲の娘、家女房、素性不詳
時子(慶子)時直平松時庸、善忠、日勇、長谷忠康交野時貞万(南部利直養女)中和門院女房新上東門院新中納言局、行子(石井局)姉小路公景
テンプレートを表示

西洞院 時慶(にしのとういん ときよし)は、安土桃山時代から江戸時代初期の公家歌人医者西洞院家26代目当主。権大納言飛鳥井雅綱の孫。安居院僧正・覚澄の子。官位は従二位参議。号は松庵。

生涯[編集]

河鰭季富の養子となり、河鰭公虎(かわばた・きんとら)と名乗る。その後、叔父の飛鳥井雅春の養子となったのち、西洞院時当(ときまさ)の養子となり、天正3年(1575年)に西洞院家の家督を相続する。孝蔵主を通じて高台院と親交があった。

六条有広とともに、日本初の活版印刷である慶長勅版に携わる。慶長年間に後陽成天皇の勅許を得て、荒廃していた平野神社を再建した。寛永元年(1624年)8月26日に出家、法名「円空」。

寛永3年(1626年)7月24日、徳川秀忠家光に従い上洛した伊達政宗が催した香席に、近衛信尋一条兼遐兄弟らとともに、子の平松時庸と招かれており、その「饗応香会の記」が日本に現存する最古の香記録として残る(個人蔵)。

彼の日記は『時慶記』として残り、宮中を始めとして武家や芸能まで幅広い交際をうかがわせる。

系譜[編集]