姉小路公景

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
 
姉小路公景
時代 江戸時代前期
生誕 慶長7年9月12日1602年10月26日
死没 慶安4年12月11日1652年1月21日
官位 従二位権大納言
主君 後水尾天皇明正天皇後光明天皇
氏族 阿野家姉小路家
父母 父:阿野実顕、母:吉田兼治の娘
養父:姉小路実広
兄弟 公福公業公景山本勝忠
忠有の娘、西洞院時慶の娘
実道実種実富実勝伊達宗興室、池田政直室、清岸院、伊東祐由
特記
事項
中絶した姉小路家を再興。
テンプレートを表示

姉小路 公景(あねがこうじ きんかげ)は、江戸時代前期の公卿。官位は参議従二位大納言

経歴[編集]

慶長18年(1613年)、室町時代から300年近くにわたって断絶していた閑院流姉小路家を再興した。家禄は200石。寛永9年(1632年)、参議となる。慶安4年(1651年)薨去。

実道実種の2人の男子がおり、実道は姉小路家の名跡を継ぎ、実種は風早家の祖となっている。娘が数人おり、一人は日向飫肥藩主・伊東祐由の正室となっている。一人は伊達兵部宗勝の嫡男・宗興の正室となり、伊達騒動に連座して伊予吉田藩に預けられた。

系譜[編集]

関連項目[編集]