飛鳥井雅春

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
 
飛鳥井雅春
時代 戦国時代 - 安土桃山時代
生誕 永正17年9月22日1520年11月2日
死没 文禄3年1月12日1594年3月3日
改名 雅教(初名)→雅春→了雅(法名)
別名 重雅・自庵
官位 正二位権大納言
主君 後柏原天皇後奈良天皇正親町天皇
氏族 飛鳥井家
父母 父:飛鳥井雅綱、母:丹波親康の娘
兄弟 覚澄、喜雲、雅春尭慧、宗禎、遠山、水本、雅厳、重茂、経範室、朽木晴綱正室、目々典侍、女子
松木宗満雅敦
養子:西洞院時慶
テンプレートを表示

飛鳥井 雅春(あすかい まさはる)は、戦国時代から安土桃山時代にかけての公卿権大納言飛鳥井雅綱の子。官位正二位・権大納言。飛鳥井家11代当主。初名は雅教(まさのり)、号は重雅・自庵[1]

経歴[編集]

永正17年(1520年)、飛鳥井雅綱の子として誕生。大永4年(1524年)12月叙爵、天文1元年(1532年)12月に元服[1]

父と共に駿河国越中国など戦国大名の分国に下向することも多かったと言われる。永禄4年(1561年)から翌年にかけて伊達晴宗を訪問して蹴鞠を伝授し、天正4年(1576年)と同6年(1578年)には北条氏政を訪れて家臣の板部岡江雪斎安藤清広に歌書を与えている[1]

天文17年(1548年)、従三位左兵衛督に叙位・任官する。天文18年(1549年)、参議左衛門督丹波守に任官する。天文21年(1552年)、正三位に叙位する。弘治3年(1557年)、従二位に叙位し、永禄2年(1559年)には権中納言任官する。天正2年(1574年)に正二位に叙位し、天正3年(1575年)には権大納言に任官する。

天正6年(1578年)8月7日に子・雅敦が早世した。天正10年(1582年)、雅春と改名する。天正12年(1584年)に全ての職を辞職した。

文禄3年(1594年)に薨去。享年75。

官歴[編集]

※ 日付は旧暦

系譜[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c 『戦国人名辞典』「飛鳥井雅教」

参考文献[編集]