交野家

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
交野家
家紋
揚羽蝶
本姓 桓武平氏高棟王流
西洞院庶流
家祖 交野時貞
種別 公家名家
華族子爵
出身地 山城国
主な根拠地 山城国
凡例 / Category:日本の氏族

交野家(かたのけ)は、名家の家格を持つ公家桓武平氏高棟王流従二位参議西洞院時慶の末子大膳大夫交野時貞を祖とする堂上家である。極位極官は従二位参議。

後水尾天皇の側近だった従二位参議・西洞院時直、従二位権中納言平松時庸長谷家の祖となった正三位民部大輔長谷忠康(1612–1669年)はいずれも兄にあたる。

江戸時代の家禄は30石3人扶持。明治維新後は華族に列し10代時万子爵に叙せられた。

系譜[編集]

実線は実子、点線(縦)は養子。
西洞院時慶
 
 
 
交野時貞1
 
 
 
時久2[1]
 
 
 
時香3[2]
 
 
 
惟粛4[3]
 
 
 
時永5[4]
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
時利6 信徳
 
 
 
時雍7[5]
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
時誠 時晃8[6]
 
 
 
時万9
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
時熈[7] 時正10
 
 
 
政邁11[8]

脚注[編集]

  1. ^ 西洞院時良の次男
  2. ^ 平松時量の四男
  3. ^ 裏松意光の末男
  4. ^ 長谷範昌の次男
  5. ^ 広橋伊光の三男
  6. ^ 広橋胤定の八男
  7. ^ 1885年4月18日廃嫡(『平成新修旧華族家系大成』上巻、422頁)
  8. ^ 内藤政挙の子

参考文献[編集]

  • 橋本政宣編『公家事典』吉川弘文館、2010年
  • 霞会館華族家系大成編輯委員会『平成新修旧華族家系大成』上巻、霞会館、1996年
  • 近藤敏喬編『宮廷公家系図集覧』東京堂出版、1994年