河鰭家

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
河鰭家
家紋
からはな
唐花
本姓 藤原北家閑院流滋野井支流
家祖 藤原公清
種別 公家羽林家
華族子爵
出身地 山城国
主な根拠地 山城国
東京府
東京都
著名な人物 河鰭実文
河鰭実英
河鰭公昭
凡例 / Category:日本の氏族

河鰭家(かわばたけ)は、藤原北家閑院流滋野井支流公家である。



立家、中絶、再興[編集]

平安時代末期の権大納言滋野井実国の次男・参議藤原公清を祖とする。家格羽林家。家学は神楽江戸時代の家禄は始め100、後に152[1]戦国時代季富の頃に一時中絶する。江戸時代になって持明院基久の子・基秀が入り再興される。

動向[編集]

江戸時代[編集]

幕末明治維新時の実文は、内大臣三条実万の五男。三条実美は実兄に当たる。戊辰戦争では錦旗奉行を務め、江戸開城に当たっては東征大総督である有栖川宮熾仁親王とともに江戸城に入城した。

明治以降[編集]

明治維新後は、東京府権少参事、内務省権少書記官を経て、英国に留学。同じく英国留学組で旧日向高鍋藩主家の秋月種樹ととも英国議会貴族上院議員になるなど国家・社会上の役割に注目する。帰国後、1873年明治6年)山内豊誠正親町公董平松時厚らと、議会開設に備え通款社を設立した[2]1874年(明治7年)6月、通款社と同様の目的で設立された団体である麝香間祗候会議が合同する形で華族会館が発足すると同会館副幹事に就任した。1884年(明治17年)7月7日華族令が制定されると、子爵を授けられる[3]。その後、第 1回貴族院子爵議員選挙で貴族院議員に選出された。1890年(明治23年)10月20日、錦鶏間祗候となる[4]

公篤侍従掌典を務めた。実英は、三条実美の四男。大正天皇侍従を務めた後、戦後の1949年昭和24年)昭和女子大学教授を経て、1969年(昭和44年)同大学学長。文学博士。日本服飾史を専門とした。公昭は、天文学者名古屋大学理学部教授、同大名誉教授。理学博士日本天文学会副理事長などを歴任し、野辺山宇宙電波望遠鏡計画に尽力した他、太陽フレア電離層の変動から太陽軟X線の存在を予測した[5]

系図[編集]

幕末の領地[編集]

国立歴史民俗博物館の『旧高旧領取調帳データベース』より算出した幕末期の河鰭家領は以下の通り。(6村・152石余)

  • 山城国葛野郡岡村のうち - 5石余
  • 山城国葛野郡鳴滝村のうち - 46石余
  • 山城国葛野郡松原村のうち - 6石余
  • 山城国乙訓郡上久世村のうち - 1石余
  • 山城国乙訓郡西土川村のうち - 35石余
  • 山城国乙訓郡西坂本村のうち - 57石余

脚注[編集]

  1. ^ 公卿類別譜(公家の歴史)河鰭 (日本語)
  2. ^ 小田部雄次『華族』中央公論新社2006年、74頁。
  3. ^ 小田部雄次『華族』中央公論新社2006年、331頁。
  4. ^ 『官報』第2195号、明治23年10月22日。
  5. ^ (日本語) 河鰭公昭先生を偲んで”. 名古屋大学. 2015年12月18日閲覧。
  6. ^ 三条公兼の子。
  7. ^ 三条実顕の子。
  8. ^ 中山愛親の子。
  9. ^ 飛鳥井雅威の次男。
  10. ^ 持明院基敦の次男。
  11. ^ 三条実万の五男。
  12. ^ 三条実美の四男。


参考文献[編集]

外部リンク[編集]