裏辻家

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
裏辻家
家紋
ふじともえ
藤巴
本姓 藤原北家閑院流正親町庶流
家祖 裏辻季富
種別 公家羽林家
華族子爵
出身地 山城国
主な根拠地 山城国
東京府
凡例 / Category:日本の氏族

裏辻家(うらつじけ)は羽林家家格を有する公家藤原北家閑院流正親町家支流。江戸時代家禄は150石。権大納言正親町季秀の次男季福から始まる。居所は今出川半町上室町東入。家名の由来については正親町家の項目を参照のこと。

明治維新後は彦六郎子爵に叙せられた。



系譜[編集]

実線は実子、点線(縦)は養子。
正親町季秀
 
 
 
裏辻季福1
 
 
 
実景2[1]
 
 
 
 
 
 
 
 
 
季勝3季盛
 
 
 
季盛4
 
 
 
公規5[2]
 
 
 
公風6
 
 
 
実本7[3]
 
 
 
公理8[4]
 
 
 
実和9
 
 
 
公周10
 
 
 
実孚11[5]
 
 
 
公篤12[6]
 
 
 
公愛13[7]
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
公本芝亭実忠彦六郎14
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
斧丸[8]公博15三郎

幕末の領地[編集]

国立歴史民俗博物館の『旧高旧領取調帳データベース』より算出した幕末期の裏辻家領は以下の通り。(2村・150石)

脚注[編集]

  1. ^ 万里小路綱房の子。
  2. ^ 勧修寺経敬の子。
  3. ^ 正親町公梁の子。
  4. ^ 正親町実連の子。
  5. ^ 正親町公明の子。
  6. ^ 橋本実久の子。
  7. ^ 清水谷実楫の子。
  8. ^ 1881年3月15日廃嫡。『平成新修旧華族家系大成』上巻、258頁。

参考文献[編集]