桜井家

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
桜井家
No image available.svg
本姓 藤原北家水無瀬流庶流
家祖 桜井兼里
種別 公家羽林家
華族子爵
出身地 山城国
主な根拠地 山城国
支流、分家 山井家羽林家
太秦家奈良華族
凡例 / Category:日本の氏族

桜井家(さくらいけ)は、羽林家の家格を有する公家藤原北家水無瀬流江戸時代の家禄は蔵米30俵3人扶持。明治維新後は子爵

江戸時代水無瀬兼俊の子・兼里によって設立された。極官近衛中将江戸時代中期の桜井氏福竹内敬持に師事していたために宝暦事件連座した。この時家名断絶の危機に陥るが、実弟の供敦養子として家督を継ぐ事が許された。

明治維新に氏福の罪が許されて正四位が追贈され、1884年(明治17年)7月8日桜井供義子爵の位を授けられた。

系譜[編集]

実線は実子、点線(縦)は養子、点線(横)は婚姻関係。
水無瀬兼俊
 
 
 
桜井兼里1
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
兼供2 山井兼仍
山井家
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
氏敦3 滋岡辰長
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
兼徳 氏福4 供敦
 
 
 
供敦5
 
 
 
氏全6
 
 
 
供秀7
 
 
 
 
 
 
 
 
 
供文8 太秦供親
 
 
 
 
 
供愛9 供康
 
 
 
 
 
供義10[1] 康光
 
 
 
義功11

脚注[編集]

  1. ^ 東園基敬の2男。

参考資料[編集]

  • 『平島公方史料集』

関連項目[編集]

  • 平島公方・・・7代義辰の娘が、兼供に嫁ぎ氏敦を生み、8代義宜の娘が氏福に嫁いでいる。