坊城家

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
坊城家
No image available.svg
ぼうじょうすずめ
坊城羽雀
たけにすずめ
竹に雀
本姓 藤原北家勧修寺家庶流
家祖 坊城俊定?
坊城俊実?
種別 公家名家
華族伯爵
出身地 山城国
主な根拠地 山城国
東京府
東京都
支流、分家 町口家(公家)
穂積家奈良華族
凡例 / Category:日本の氏族

坊城家(ぼうじょうけ)は、名家家格を有する公家公家貴族)。藤原北家勧修寺流のうち勧修寺家の支流。「小川坊城」とも称する。家業は紀伝道と装束。家紋は竹に雀。江戸時代家禄は180伯爵

鎌倉時代吉田経俊の子・坊城俊定を祖として創設されたといわれているが、俊定の子である定資長男俊実(俊定の孫にあたる)を祖とする説もある。戦国時代末期、一時期中絶したが、後に勧修寺晴豊の三男、俊昌が入って再興された。

1884年明治17年)俊章(としあや)が伯爵を授けられる。俊章は貴族院議員陸軍少将山形県知事などを務めた。俊良侍従皇太后宮大夫伊勢神宮大宮司を務めた。俊民(としたみ)は東京都高校教諭校長を歴任。1951年昭和26年)以来、宮中で行われる歌会始の講師(こうじ)を務め、披講会会長を務めた。

坊城俊成一般社団法人霞会館会員、堂上会会員、1981年から宮中で行われる歌会始の所役を三十余年、講師(こうじ)を二十三回務める。


歴代当主[編集]

※ カッコ内は生没年

  1. 坊城俊定 (1251年 - 1310年)
  2. 坊城定資 (1275年 - 1330年)
  3. 坊城俊実 (1296年 - 1350年)
  4. 坊城俊冬 (1319年 - 1367年)
  5. 坊城俊任 (1346年 - 不詳)
  6. 坊城俊継 (不詳 - 1412年)
  7. 坊城俊国 (不詳 - 1426年)
  8. 坊城俊秀 (1423年 - 1465年)
  9. 坊城俊顕 (1443年 - 1471年)
  10. 坊城俊名 (1463年 - 1540年)
  11. 坊城俊昌 (1582年 - 1609年)
  12. 坊城俊直 (1606年 - 1688年)
  13. 坊城俊完 (1609年 - 1662年)
  14. 坊城俊広 (1626年 - 1702年)
  15. 坊城俊方 (1662年 - ?)
  16. 坊城俊清 (1667年 - 1743年)
  17. 坊城俊将 (1699年 - 1749年)
  18. 坊城俊逸 (1727年 - 1773年)
  19. 坊城俊親 (1757年 - 1800年)
  20. 坊城俊明 (1782年 - 1860年)
  21. 坊城俊廸 (1808年 - 1810年)
  22. 坊城俊克 (1802年 - 1865年)
  23. 坊城俊政 (1826年 - 1881年)
  24. 坊城俊章 (1843年 - 1906年)
  25. 坊城俊徳 (1889年 - 1911年)
  26. 坊城俊良 (1893年 - 1966年)
  27. 坊城俊民 (1917年 - 1990年)
  28. 坊城俊周 (1927年 - 2011年)
  29. 坊城俊成 (1962年 - )[1][2]

系図[編集]

幕末の領地[編集]

国立歴史民俗博物館の『旧高旧領取調帳データベース』より算出した幕末期の坊城家領は以下の通り。(2村・180石)

出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 野島, 寿三郎 (Nojima, Jusaburō) (1986) (snippet). 神道人名事典(Shintō jinmei jiten). 神社新報社. p. 264. ISBN 4-915-26556-0. //books.google.co.jp/books?id=wmoxAQAAIAAJ.  ISBN 978-4-915-26556-3
  2. ^ 小和田, 哲男; 菅原, 正子; 仁藤, 敦史 (2003) (snippet). 日本史諸家系図人名辞典. 日本史諸家系図人名辞典. p. 572. ISBN 4-062-11578-6. //日本史諸家系図人名辞典.  ISBN 978-4-062-11578-0
  3. ^ 勧修寺経茂の子。
  4. ^ 勧修寺晴豊の4男。
  5. ^ 勧修寺尹隆の子。

外部リンク[編集]