醍醐家

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
醍醐家
家紋
下り藤さがりふじ
本姓 藤原北家九条流一条家庶流
家祖 醍醐冬基
種別 公家清華家
華族侯爵
出身地 山城国平安京
主な根拠地 山城国平安京
東京市目黒区[1]
著名な人物 醍醐忠順
醍醐忠敬
醍醐忠重
凡例 / Category:日本の氏族

醍醐家(だいごけ)は、藤原北家一条家支流にあたる公家華族。公家としての家格は清華家。華族としての家格は侯爵[2]家紋下り藤

歴史[編集]

封建時代[編集]

醍醐家は関白一条昭良の二男冬基を祖とする[3]。一条昭良は後陽成天皇の第9皇子であり[4]、冬基は霊元天皇にとって従兄弟にあたるため、延宝6年(1678年)の霊元天皇ので「醍醐」の家名を下賜され、一条家から分家して新たな堂上家を興すことを許された[1]

家格は清華家新家内々[4]。家禄は312石[4][注釈 1]。醍醐家の家臣には諸大夫に高津家、堀川家、奥田家、侍に川合家、下司家、板倉家などがあった[4]。菩提寺は大徳寺芳春院[4]。通字は特に決まっていないようだが、「冬」「兼」「輝」などが見られ、幕末以降は「忠」で一定しているようである。

醍醐家が明治維新までに輩出した公卿の数は 8名。清華家は太政大臣まで昇れることになっていたが、醍醐家から太政大臣に昇った者はなく、左大臣まで昇った者1名(2代冬熙)、右大臣まで昇った者1名(3代経胤)、内大臣まで昇った者1名(7・9代輝弘)、大納言まで昇った者3名(初代冬基、6代輝久、10代忠順)、中納言まで昇った者2名(4代兼純、5代冬香)となっている。

始祖である醍醐冬基の父が後陽成天皇の第9皇子であることから皇室の血筋を男系で引き継いでいる家である。途中、第3代当主の兼潔は、初めはなかなか子に恵まれず、本家の一条家より兼純を養子に迎えていたが、やがて実子の冬香輝久が誕生。兼純が早世したこともあって、冬香、輝久が当主となった。また、嗣子を亡くしたり、スキャンダルが起きたりなどで、再び当主の座に就く者も見られるが、何とか血脈が絶えることなく、皇室の男系子孫としては現在に至るまで続いている(系図)。これは、度々他家からの養子を迎えている本家の一条家とは異なり、途中養子を介していない。

明治以降[編集]

明治維新時の当主、忠順は王政復古後、新政府の参与となり、さらに内国事務掛、大阪鎮台督、大阪裁判所総督。兵庫裁判所総督、大阪府知事などを歴任し[5]明治17年(1884年)7月7日に旧清華家として侯爵に列する[2]

忠順の娘の好子は賀陽宮邦憲王妃である。また成瀬隆蔵の五男である大児を養子にした[6]四男・醍醐忠直(1874/7/3-1966/5/12[7])は、式部官、掌典次長、宮中顧問官などを務めた。

忠順の嫡男忠敬の三男忠重が祖父の跡を継いで襲爵[1]。忠重は海軍兵学校40期を経て海軍に入り海軍中将にまで進み、侍従武官、第五潜水艦隊司令官、第六艦隊司令長官などを歴任するが、戦後戦犯に指定される。昭和22年(1947年)オランダ軍によって銃殺刑に処された。

醍醐侯爵家の邸宅は昭和前期に東京市目黒区衾町にあった[1]

忠重の長男の忠宜、次男で海軍兵学校77期[8]の忠久(1928/6/8-[9][注釈 2])が継ぎ子には現在当主格[10]の忠紀(1958/9/22-[11])が孫には忠明(1993/5/2-[12]、2018年現在学生[10])がいる。

系譜[編集]

※ 実線は実子、点線(縦)は養子、当主は太字。

後陽成天皇
 
 
 
一条昭良(兼遐)
 
 
 
醍醐冬基1
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
冬熙2徳大寺公全
 
 
 
兼潔→経胤3
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
兼純4[13]冬香5輝久6
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
輝弘7・9四条隆生
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
忠順10・13忠善8隆謌隆平
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
忠敬12忠告11忠貞[14]忠直隆平[15]一条実輝[14]
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
忠重14格太郎賢次郎大児
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
忠宜15忠久忠和
 
 
 
忠久16
 
 
 
忠紀17
 
 
 
忠明

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ 国立歴史民俗博物館の『旧高旧領取調帳データベース』によると、幕末期の醍醐家領は山城国乙訓郡上植野村のうち58石5斗2合、山城国乙訓郡奥海印寺村のうち114石5斗2升7合、山城国久世郡平川村のうち88石5斗9升4合、山城国久世郡観音堂村のうち51石2斗1升4合であり、合計4村・312石8斗3升7合だった。
  2. ^ 2022年4月6日の水曜日のダウンタウンにインタビューで出演し存命が確認

出典[編集]

  1. ^ a b c d 華族大鑑刊行会 1990, p. 43.
  2. ^ a b 小田部雄次 2006, p. 323.
  3. ^ デジタル版 日本人名大辞典+Plus. “醍醐冬基” (日本語). コトバンク. 株式会社DIGITALIO. 2022年11月8日閲覧。
  4. ^ a b c d e 太田 1934, p. 3233.
  5. ^ デジタル版 日本人名大辞典+Plus. “醍醐忠順” (日本語). コトバンク. 株式会社DIGITALIO. 2022年11月8日閲覧。
  6. ^ 成瀨隆藏 (男性)『人事興信録』第8版 [昭和3(1928)年7月]
  7. ^ 平成新修旧華族家系大成下p1
  8. ^ 『少年皇族の見た戦争―宮家に生まれ一市民として生きた我が生涯』 PHP研究所、2015年、P87
  9. ^ 平成新修旧華族家系大成下p1
  10. ^ a b “「圭くん」に代わる「眞子さま」のお相手も? 女性皇族「お相手候補リスト」にある名前”. 週刊新潮. (2018年11月8日号). https://www.dailyshincho.jp/article/2018/11130800/?all=1&page=2 2019年8月12日閲覧。 
  11. ^ 平成新修旧華族家系大成下p1
  12. ^ 平成新修旧華族家系大成下p1
  13. ^ 一条兼香の庶子。まだ子のなかった兼潔(のち経胤)の養子となった。この後に実子の冬香が生誕。兼純自身は結局早世してしまい、冬香がその跡を継いだ。
  14. ^ a b 一時、本家・一条実良の婿養子となるが、離縁されて醍醐家に戻る。代わりに四条隆謌の子・実輝が養子となった。
  15. ^ 兄・隆謌の養子となるが、離縁され分家した。

参考文献[編集]

  • 小田部雄次 『華族 近代日本貴族の虚像と実像』中央公論新社中公新書1836〉、2006年(平成18年)。ISBN 978-4121018366 
  • オープンアクセス太田亮国立国会図書館デジタルコレクション 醍醐 ダイゴ」 『姓氏家系大辞典』 第2、上田萬年三上参次監修、姓氏家系大辞典刊行会、1934年、2233-2234頁。 NCID BN05000207OCLC 673726070全国書誌番号:47004572https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1123864/483 国立国会図書館デジタルコレクション 
  • 華族大鑑刊行会 『華族大鑑』日本図書センター〈日本人物誌叢書7〉、1990年(平成2年)。ISBN 978-4820540342 

系譜参考[編集]

関連項目[編集]