醍醐家

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
醍醐家
家紋
下がり藤
本姓 藤原北家九条流一条家支流
家祖 醍醐冬基
種別 公家清華家
華族侯爵
出身地 山城国
主な根拠地 山城国
著名な人物 醍醐忠順
醍醐忠敬
醍醐忠重
凡例 / Category:日本の氏族

醍醐(だいご)家は、清華家の家格をもつ公家五摂家の一つ一条家の支流。

江戸時代前期一条昭良の二男・冬基を祖に創立された。家禄は、312石。家紋は下がり藤。

江戸時代の動向[編集]

延宝7年(1679年)に従三位左近衛中将となり公卿に列した一条兼遐(昭良)の二男・冬基が、同年、冬基の従兄弟にあたる霊元天皇から「醍醐」の家名を下賜され、一条家から分家して創始された。家禄は、312石。通字は特に決まっていないようだが、「冬」「兼」「輝」などが見られ、幕末以降は「忠」で一定しているようである。

昭良は後陽成天皇の第九皇子であり、天皇家の血筋を男系で引き継いでいる(系図)。途中、第3代当主の兼潔は、初めはなかなか子に恵まれず、本家の一条家より兼純を養子に迎えていたが、やがて実子の冬香輝久が誕生。兼純が早世したこともあって、冬香、輝久が当主となった。また、嗣子を亡くしたり、スキャンダルが起きたりなどで、再び当主の座に就く者も見られるが、何とか血脈が絶えることなく、天皇家の男系子孫としては現在に至るまで続いている。これは、度々他家からの養子を迎えている本家の一条家とは異なり、途中養子を介していない。

醍醐家が明治維新までに輩出した公卿の数は 8名。うち太政大臣まで昇った者はなく、左大臣まで昇った者1名(2代冬熙)、右大臣まで昇った者1名(3代経胤)、内大臣まで昇った者1名(7・9代輝弘)、大納言まで昇った者3名(初代冬基、6代輝久、10代忠順)、中納言まで昇った者2名(4代兼純、5代冬香)である。

明治以降の動向[編集]

明治維新時の当主、忠順は維新後、大阪府知事などを歴任し、明治17年(1884年)7月7日に侯爵に列する。忠順の女、好子は賀陽宮邦憲王妃。

忠敬が、甥である格太郎に射殺されるというスキャンダルが発生し、忠順が再度家督を継ぐという事態により一時没落。

この事件は、格太郎の父忠告が忠敬の兄であり共に庶子でありながら病弱を理由として家督相続されず病没。金銭に困窮し、また弟賢次郎が華族待遇を受けられず軍夫として台湾に出兵し戦死したことによる度重なる恨みの末の犯行であった。犯行時には四条隆平男爵(醍醐輝久の孫で、一時、実兄隆謌の養子となる)が醍醐家を訪問しており格太郎を捕らえるも、忠敬が犠牲となり、その長女為子が重傷を負った。

昭和の時代の当主・忠重は、海軍に入り海軍中将にまで進み、侍従武官、第五潜水艦隊司令官、第六艦隊司令長官などを歴任するが、戦後戦犯に指定される。昭和22年(1947年)オランダ軍によって銃殺刑に処された。

忠順の子・醍醐忠直は、式部官、掌典次長などを務めた。

系譜[編集]

実線は実子、点線(縦)は養子、当主は太字。

後陽成天皇
 
 
 
一条昭良(兼遐)
 
 
 
醍醐冬基1
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
冬熙2 徳大寺公全
 
 
 
兼潔→経胤3
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
兼純4[1] 冬香5 輝久6
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
輝弘7・9 四条隆生
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
忠順10・13 忠善8 隆謌 隆平
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
忠敬12 忠告11 忠貞[2] 忠直 隆平[3] 一条実輝[2]
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
忠重14 格太郎 賢次郎 大児
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
忠宜15 忠久 忠和
 
 
 
忠久16
 
 
 
忠紀17
 
 
 
忠明
  1. ^ 一条兼香の庶子。まだ子のなかった兼潔(のち経胤)の養子となった。この後に実子の冬香が生誕。兼純自身は結局早世してしまい、冬香がその跡を継いだ。
  2. ^ a b 一時、本家・一条実良の婿養子となるが、離縁されて醍醐家に戻る。代わりに四条隆謌の子・実輝が養子となった。
  3. ^ 兄・隆謌の養子となるが、離縁され分家した。

関連項目[編集]

系譜参考[編集]